自宅持ち帰り残業が長時間労働対策で増える。同調圧力に負けるな

皆さんは仕事を家に持ち帰っていませんか?
会社に「残業するな」と言われていませんか?

私は持ち帰った事はあります。
しかし出来るだけ避けるようにしています。

私の周りでも仕事を持ち帰る人が増えてる。
自分の会社も周りの友人、知人も。

個人の自由なのですが、家に持ち帰るリスクをご存知ですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ会社が残業を規制した?

会社が「残業するな」と言い出し始めたのは2010年ごろからでしょうか。

これには複数の要因がある。

1つめは残業代不払いに対する請求の多さ。

サービス残業請求

2008年のリーマンショック前は年間で約200億のサービス残業代を支払い、それ以降も120億前後になっている。
(2017年に突出しているのは、ヤマトホールディングス(ヤマト運輸)が230億円、電通が24億、エイベックスが7億と大手企業が集まった結果)

 

2つは長時間労働による過労死やうつ病。

労災の状況を見ると請求件数、決定件数は右肩上がり。

過労死を含む精神障害や疾病による労災状況

ただし支給認定率は2012年をピークに下がり続けている。
これは「仕事とは関係がないと認定されやすくなった」のか「仕事だと証明ができない人が増えたのか」のか「過剰な請求が増えた」のか、正確な理由は分からない。

 

3つめは日本では「売上が上がらない」ことを経営者は知っているから。

日本はもう何十年も不景気。
良いものを作っても、値段が高ければ売れない。

むしろ安いものが売れるので、消費支出は緩やかに下り続けている。

消費支出の推移

 

国内企業の売上は、国内だけではなく海外の影響を受けるが、長い目で見ると売上はほぼ横ばい状態。

売上の推移

売上が上がらない状態で、利益を上げるには、支出を減らすしかない。
それが人件費であり残業代である。

ただ費用を掛けない効率化で、労働時間が簡単に減らせるわけではない。

仕事の効率化ができないのであれば「無理でも残業規制してまえ」である。

そうしたら今度は、本当に仕事が終わらなくなる。
だから自宅残業が増えている。

「過度な残業規制」=「持ち帰り残業の推進」になっている。

けれど会社は「自宅に持ち帰って残業しろ」とは言えないから

  • 働き方の多様化
  • 働き方改革
  • ワークライフバランス

なんて言葉が使われる。

働く人の中には「会社から『残業するな』とうるさく言われるなら、家で仕事したほうがマシ」と思う人がいる。

そのことによるリスクを知ってほしい。

 

自宅で持ち帰り残業のリスク

自宅で持ち帰って残業することは、会社でサービス残業するよりリスクが高い。

それは残業の捕捉が難しいこと。

サービス残業であってもタイムカードを切ってなければ記録が残る。
同じパソコンを使っていれば、スタートアップやシャットダウン記録が残る。

そして会社で残業していれば、同僚はだいたい何時に帰っているか分かる。

これらが無くなると客観的な事実が分からない。

分からないなら責任もない。

 

もし長時間労働で体を壊したとき、精神的にやられたときに泣き寝入りすることになる。

「まさか私はそうはならない」は思い込みは捨ててほしい。

 

まさかあの友人がうつ病?

私の友人でうつ病になり5年も仕事ができない人がいる。
最近は寝たきりとまでは言わないが、主食かと思うほど薬を飲み続けている。

その友人の性格は気が強く喧嘩っ早い。
最もうつ病になりにくいタイプだと思っていた。

最初の頃は本当にひどくて、コンビニでお釣りが出せなくなった。
人が怖いのではなく、計算ができない。

「850円になります」と言われたら「1000円を出せば足りる」というのは小学生でも分かる。

これが出来なくなった。

 

本人が言うには、原因はパワハラだと言う。
ただ、うつ病になる原因は複合的。

長時間労働というのがベースにあり、ストレスの逃げ場がなくなり、仕事のプレッシャーを感じて、プライベートで良くないことがあり、最後に引き金を引いたのがパワハラ。

私は「自分は絶対にうつ病にならない」と思っていたが、「運が悪くたまたま複合的な要因が積み重なったら分からない」と思うきっかけになった。

 

労働組合が「残業させろ」という逆転の時代

これも私の友人の会社で起きている話(なんだか友人の話ばかり)。

友人の会社の労働組合が新しい動きをしている。
以前は「残業減らしてほしい」という主張だったが、今は「残業を認めてほしい」と主張している。

 

友人は「仕事タラタラやってるのに、残業代を稼ごうとしてんじゃねー」と不満を言ってた。

もちろんそういう人もいるし、友人の気持ちも分かる。

けど全員ががむしゃらに仕事する「仕事人間」だらけだったら、人の集団としておかしいし、むしろ息苦しい会社になる。

逆に全員がタラタラもありえない。

もしかするとタラタラの人が「残業を認めてほしい」という人の中心なのかもしれないが、それでも助かっている人はいると思う。

助かった人が自覚できてるかどうかは別として。

 

同調圧力や慣れに負けるな

私が社会に出たときは、当たり前のようにサービス残業があった。
会社の先輩もやっていたし、それが当たり前だった。

だからそれに慣れてしまった。

けどある時「サービス残業ってなんだ?」と本質を考えたら、どう考えても泥棒。

会社の存続のためとか理由は色々あるだろうが、人の金を取ったら泥棒だよ。

その泥棒が巧妙な手口を使いだしたのが、自宅への持ち帰り残業。

 

そう考えると「それで良いの?」って思いませんか?

だから自分の中でルールを決めよう。

私が決めたルールは、周りからの同調圧力や上司からプレッシャーに負けずにシカトする。

けど自分のポカやお客が本当に困っている、この場合のみ「自宅で仕事しても良いかもという余地がある」と。

「良いかもという余地」ってすごくぼかした表現でしょ?

要は絶対に譲らない線だけ作って、あとは状況次第。

そうでもしないとあなたが潰される。

同調圧力や慣れに負けるな。

どうしても負けるようなら転職を考えないと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑談
フォローする
経験者が伝える転職方法