パワハラ上司が減り「ねちねちハラスメント」でうつ病が増える

最近、私の会社ではうつ病による欠勤が増えている。
接している同僚だけで3人も休んでいる。

私の会社だけではなく、友人や知人の会社もうつ病で休む人が多いらしい。

うつ病患者数を調べてみると世間でも増え続けている。

うつ病の患者数

2017年にはうつ病患者は男女合わせて127万人。
これって毎年、100人に1人がうつ病になっている。

 

しかし職場の雰囲気が悪いか?と言われるとそうでもない。
むしろ昔に比べると良くなっている。

昔は上司の怒鳴り声が日常だったし、物を投げたり、机を蹴る人もいた。
今はパワハラが騒がれ、そういったことはほとんどなくなっている。

じゃ、なんでうつ病の人が増えているの?

Sponsored Link
Sponsored Link

増えているのは「ねちねちハラスメント」

以前の会社の状況は、怒鳴りつけたり、物を投げたり、「バカ」「役立たず」などの言葉が聞こえた。
最近では明らかに減っている。

なのになぜうつ病が増えているのか?
それは「ねちねちハラスメント」だと思う。

ねちねちハラスメントとは

「なんでできないの?」
「終わらない理由を言って?」
「何だったらできる?」
「明日までに答え聞かせて?」

とねちねちと理詰めすること。

それがエスカレートすると

「なんで給料ってもらえると思う?」
「君に向いている仕事って他にあるとオレは思うけど君はどう思う?」

これは質問形式にしているから暴言っぽくないが、冷静になって内容を見るとひどい。

 

けど、上司の立場に立つと「怒ったらダメ、終わるまで帰るなと長時間労働させるのもダメ、やる気があるかも分からない、そういう状況でどうやって指導すればいいの?」という気持ち。

それに対して部下は「自分がダメな理由を言わされる」「それがずっと続く」「反論すると3倍になって理詰めされる」「黙って聞くしか無い」という気持ちになる。

 

「なんでやってないだ、バカヤロー」が規制されて「なんで出来ないの?どうして?どうすればできるの?」に変化したってこと。

皆さんはこれ、どちらが良いですか?

 

怒鳴るパワハラとネチネチはどちらが良いか?

ひと昔前を思い出すと、毎日のように怒鳴っている上司がいた。
けどそれは一部の人。

普通の人は、毎日怒鳴ろうと思っても体力なんてない。
それに怒鳴っただけに、バランスを取ろうとする。

つまり時間が建てば、ケロッと忘れる人が多かった。

これは部下の立場になると「昨日はあんなに怒ったのに、なんで今日は普通でいられるの?」と気持ちになる。

 

皆さんは「毎日ネチネチされると単発的に怒鳴られるのはどっちが良い?」と聞かれたらどっちを選びますか?

私は「一度怒鳴られてお終いのがマシ」と答える。

 

やっぱり「どうして?」と毎日のように「自分がいかにダメか」を言わされ続けたら精神的に病むって。
酒飲んで忘れようって思っても、過ぎた過去ではなく、次の日も繰り返されるのだから忘れられないよ。

私の会社や友人の会社など少ない統計ではあるが、ネチネチと理詰めしている上司を持つ人ほど、うつ病で休んでいる人が多い。

 

ねちねちはパワハラに該当するか?

パワハラの定義は難しい。
パワハラはパワーハラスメントを略した言葉。

パワーは「力」。ハラスメントは「嫌がらせ」という意味。

では何をもって「嫌がらせ」と決めるか?
テレビのコメンテーターでは「受けて側がパワハラと感じたらそれはパワハラ」という人もいる。

けどこれは間違い。

もしそうであれば、私は「朝8時に出勤しろ」と言われることが精神的に苦痛を感じているので、パワハラになってしまう。

「朝8時に出勤しろ」がパワハラと認定されるないよね。

 

ではパワハラの定義は何か?
国の機関である厚生労働省が定義を見てみると2つの条件がある。

  • 職務上の地位や人間関係といった「職場内での優位性」を背景にする行為が該当すること
  • 業務上必要な指示や注意・指導が行われている場合には該当せず、「業務の適正な範囲」を超える行為が該当すること

 

難しいのは2番目にある「業務の適正な範囲を超えているか?」という部分。

毎日ネチネチと「どうして?」「何だったらできる?」と聞いた理由は「部下の状況を随時把握するため、ヒアリングを行なった」と言われたら、適正な範囲を超えているとはなかなか言えないだろう。

けど、それによってうつ病になる人が増えたら意味がなくない?

 

みんなで決めよう「良いパワハラ」「悪いパワハラ」

うつ病になって働けなくなってしまう人を減らしたい。
だからこそ強引な提案をする。

それは「良いパワハラ」を決めませんか?
いや正確にいうと「良いパワハラ」じゃなくて「許容できるパワハラ」

 

毎日のように「どうして?」と自分のダメなところを言わされるより、一度、強く怒鳴られた方がマシ。
つまり怒鳴るパワハラを許容しませんか?ということ。

 

ただし自由にしたら、毎日のように怒鳴る異常な上司が現れる。
だからルールを決める。

怒鳴って良い場面は「お客さんや社内に大きな迷惑をかけたとき」と「同じ間違い繰り返したとき」。

このような状況になったときは怒鳴るだけじゃ済まされない。
上司を含めて「対策」と「対策が実施されるような歯止め」を考えて実施する。

それが完了したら「部下のせいで仕事が増えたよ!」という思いも「上司はあんなに怒ることなんだろ!」という思いも捨てて忘れること。

この方がお互いにストレスが減るのではないだろうか?

 

理想を言えば「怒鳴ることも怒ることもなく、ちゃんと部下を指導して」というのが望ましいが、日本には何百万人も上司がいるのに、全員にこの能力を求めるのは無理だよ。

無理だからネチネチになってしまう。

パワハラがいけない理由は、辛いと思う人がいるから。
けどパワハラがなくなって、パワハラを逃れる手法の方が辛くて、うつ病になる人が増えるなら本末転倒。

「パワハラは良くない」ではなく「病んでしまうほど辛い人が増えるのが良くない」という本来の目的に戻って考えませんか?

Sponsored Link
Sponsored Link
雑談
フォローする
経験者が伝える転職方法