退職するとき有給消化できない。どうするべきか?

退職するときに多くの人がぶつかる問題。
それは有給を使い切りたいけれど会社が認めない問題。

もし有給が20日残っていたらほぼ1ヶ月の出勤日数になる。
それを捨てるということは、1ヶ月分の給料を捨てることと同じ。

つまり退職時においては有給とはお金のこと。

では「退職時に会社は有給を断ることはできるのか?」と言われたら本当はできません。

できないのに多くの人が有給を使えずに退職している。

Sponsored Link
Sponsored Link

ルールを確認。退職する人は本当に有給消化できる?

念の為ルールの確認。
退職する人は本当に有給消化できるのか?

それは労働基準法第39条に書いてある。
けど法律って難しくてなかなか理解できないよね。

そこで国の機関である労働局がなんて言っているか見てみよう。

退職時の有給消化のルール

この文章は「自主退職する人」と「解雇される人」も書いてある。

簡単に要約すると

  • 解雇でも自主退職でも労働契約が切れる退職日には有給が無くなるよ
  • 退職する人が有給取らせてって言われたら、会社は断っちゃダメだよ
  • 有給は会社が「別日にして」って言えるけど、変更できる範囲は退職日までの範囲内だから、有給を使わせないことはできないよ

つまり有給を請求すれば会社は断れない。
言える限度は「別日にして」ぐらい。

なのに有給が消化できないという問題が起きるのか?

 

日本の管理職の多くは名ばかり

会社が有給を認めないと言っても実際に言ってるのは管理職の人。

話はずれるがあなたの会社の管理職はどんな役職からですか?
私の会社では課長クラスから管理職になり、残業手当てがなくなったり、労働組合から外れます。

では管理職とは何なのか?

東京労働局のページを見ると下記のように書いてある。

管理職の定義

管理職の条件として「経営者と一体的な立場で仕事をしている」と書いてある。
だから「経費に対する承認」や「部下の勤怠などの承認」している。
この「部下の勤怠などの承認」の中に有給の承認も入っている。

ここで問題なのは「管理職は労働基準法を知っているのか?」ということ。
ほとんどの管理職は知らない。

だから「有給を使って良いか判断するのはオレ」と思っている管理職がいる。

分からないのであれば人事や総務に聞けばいいだよ。
それが困ったことに「権限を持っているのはオレ、人事ではない」と思っちゃっているだよ。

問題の根幹は「管理職なのに管理するための法律を知らない」ということ。

 

とは言っても労働環境が一番キツイのは管理職

管理職は労働基準法も知らないアホと言いたいわけではない。
むしろ逆。

多くの管理職は一般社員よりキツイ労働環境で働いている。

特に一般社員の残業規制がある会社では、管理職がカバーするため「コミコミ定額プラン L 」といった感じに昔の携帯プランのような働き方。

「管理職になりたがる若者が減っている」とニュースが言っていたが、その働き方を見れば「そらそうだ」とうなづける。

管理職手当より、残業手当の方が多かったという逆転現象もざら。

そう考えると先程見てもらった管理職の条件。
管理職の定義

この2番目、3番目は本当に与えられているか?
いや1番目だってあやしい。

会社によって差はあるが、私は管理職と呼べるのは、部長クラス以上、もしくは役員以上が妥当ではないだろうか。

問題の本質から更に一歩進むと「本来は管理職と呼べない職位に、残業を減らすため管理職にさせている」こと。

 

有給消化問題 会社と戦うか?受け流すか?

有給消化の問題は簡単じゃない。
有給は働く人が持つ権利であるが、もう一方で引き継ぎの問題がある。

引き継ぎをまったく行わないと損害賠償の請求されることもあり得る。

労働基準法と民法で違いはあるが、お互いに刀を抜くとこんな戦いになる。
刀を抜き合うより、譲れるところまでは、お互いサヤに収めた方が良い。

つまり必要なのは合意。
「引き継ぎでここまではやりますね」という合意。
これは交渉になるのだが、譲りすぎると有給が無くなってしまう。

対策は「有給を全部消化したいなら早めに退職を言うこと」しかない。

ではどれぐらい前に言えば有給消化できるのか?

 

これに正解はないのだが、たいていの会社は「退職の1ヶ月前に伝えること」と就業規則に書いてある。
であれば少し余裕を見て「有給を消化終わった日付から1ヶ月と1週間前」に退職を伝えること、というのが私なりのルール。

例えば有給が20日残っていたら消化するのに1ヶ月かかるので、2ヶ月+1週間前に退職を伝える。
有給が30日残っていれば、退職に1ヶ月半かかるので、2ヶ月半+1週間前。

これをやれば大半の人は有給消化できる。

大半?
そう、これでも大半なんです。

 

有給を使いきるには・・・これしかないです

先日、働いている会社でも退職する人がいた。
その人は3ヶ月以上前に退職を伝えていたが、ずるずると引っ張られ有給の7日は捨て。

「まぁ7日程度ですめば良いじゃん?」という意見もあるが、これ日給1万円と考えれば7万円だよ。
それを会社にプレゼントするわけだ。

もうねぇ、ここまでくると会社側からの嫌がらせ、と思われてもしかたがないレベル。
会社側と言っても実際は管理者と呼べない管理者からのいやがらせ、なんだけどね。

本当は管理職とは呼べない権限なのに、形だけ管理職にさせられ残業代はなくなり、その人が会社のためか、自分のストレスか分からないが、一般社員を叩く姿に「何をやっとんだね?その2人は味方じゃん。会社の思うツボじゃん」と思えてならない。

労働者同士で奪い合って何が楽しいのか、さっぱり分からん。
むしろ助け合う関係ではないだろうか。

 

ではどうすれば良かったのか?
それはもう「有給はある程度、先に使っとけ」これしかない。

残念ながら、これしかない。

 

もしくは働く人は労働基準法という武器を持ち、会社は民法で損害賠償請求という武器を持ち、お互い斬り合うか。
それをやってはいけないわけではないが、・・・できれば面倒な事は嫌でしょ?

だから転職を決意したら、スケジュール帳に有給の計画を立てろ。
そして周りから「あれ?あいつ最近有給多くね?」と思われも取れ。

Sponsored Link
Sponsored Link
雑談
フォローする
経験者が伝える転職方法