退職代行サービスとは?利用するリスクと使われた体験談

皆さんは退職代行サービスってご存知ですか?

私もちょっと前に知ったのですが、退職希望者の代わりに会社に退職の意志を伝えてくれるサービスのようです。

退職を上司に伝えるのは、とても言い出しにくい。
私自身、転職経験は何度もあるので、何度も「退職します」という言葉を発したが、これは慣れるものでもない。

嫌なものは嫌だし、言い出しにくいものは言い出しにくい。

 

そこで便利なのが退職代行サービス。

自分で退職を言い出せない人、辞めさせてもらえない人の代わりになって、会社へ退職を連絡してくれる。

退職代行サービスを行っている会社は複数あるが、値段は3万円~5万円程度。
連絡してお金を支払えば、退職させてくれる。

仕組みはとてもシンプル。

退職代行サービスの仕組み

相談からスタートして、正式に依頼、そして支払いが済めば、退職代行サービスが会社に連絡してくれる。

仮に退職できなかった場合は、全額返金という会社もある。
退職を伝えるときの苦痛に比べれば「3万~5万円の料金は安い」という見方もある。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

退職代行はてっきり悪徳商法だと思っていた件

退職代行サービスを知ったのは少し前。

「退職を会社に伝えるサービスだって?」
「どうせ詐欺みたいなもんだろう?」
「こんな手口に引っかかる人なんていないだろう」

そんな風に思っていた。

それがある事をきっかけに「そうではない」と知る事になる。

 

それは、友人の会社で退職代行サービスを使った人が現れたこと・・・。

それで「あ、本当に退職代行ってあるんだ。お金だけもらって知りませんという詐欺商法ではないんだ」と知った。

 

退職代行を使われた体験談。突然来る退職の連絡

ここで退職代行を使われた友人の体験談。

その友人はある会社の営業支店で支店長をしている。
その会社に20代後半の男性が入社して来たのが2年前。

前職が営業だった経験を買われて採用になったが、友人の感想は「使えねぇ」らしい。
お客の前ではまともに説明ことも出来ずに、事務仕事も言われたことも出来ないほど。

そんな愚痴を聞いていた。

入社1年目の男性もいるが、既に営業成績は抜かれている。
営業の仕事って数字で成績がしっかり出るからシビアなんだよね。

 

そんなとき会社に一本の電話。
その電話がどうやら退職代行サービスだった「らしい」。

この「らしい」というのは、友人がその電話に出たわけではない。
その日は朝から出張で不在。

実際に電話対応したのは事務の女性。
出張から帰るとその女性から報告を受けた。

 

「すいません支店長。先程、山田さんの件で電話を受けました」

「はぁ?山田?今日あいつ休みなの?」

「はい。今日は休暇日です」

「そうなんだ。で、なんて?」

「会社を辞めるみたいです」

「・・・・はぁ?辞めるってどういう意味?」

「退職するって意味だと思います」

「ごめんごめん、意味が分からないけど・・・」

「私も分かりません」

 

こんな会話の流れだったらしい。
まぁ、退職代行サービスを使われた会社は、どこも似た会話になっているのではないだろうか。

友人は携帯を取り、退職を願い出た社員に電話。
しかしコールは鳴るが電話にでない。

このとき友人は勘違いをしていた。
「退職代行サービス」という職業を知らない友人は、本人が「退職します」と電話してきた、と思い込んだ。

しかし、よくよく聞いてみると電話の相手は本人ではなく、退職代行会社という事を理解する。

そして伝言の内容は

・会社を辞めたいという意志を持っている
・そしてもう会社には行かない
・退職に必要な書類を送ってほしい

だけらしい(笑)

退職の意志は分かったが、退職の理由も分からぬまま。
引き継ぎの話しをしたくても、誰に話して良いか分からない。

 

その男性は、なぜ退職代行サービスを使ったのだろう?
もしかすると深い悩みを持っていたのかもしれない。

そう考えると不謹慎かもしれないが、この友人の話しを聞いて笑ってしまった。

だって、ヒゲがすごい伸びているだもん。
退職した彼がきっかけに残業しまくっているのは、顔を見ただけで分かった。

 

支店長、退職した人を裁判するってよ

支店長である友人はどうやら裁判に持っていくらしい。
裁判の内容は損害賠償請求。
友人は仕事は法律関係ではないのだが、業務として裁判に関わることがある仕事。

裁判に対して抵抗がなく慣れっこなんだよね。

退職した彼は法律違反。
民法627条では退職を伝えてから2週間後に効力が発生するが、その前に退職した。

つまり負けない裁判。

 

ここで問題になるのは損害賠償の金額。

仮に退職した男性が大事な取引先を抱えていて、退職により商談をすっぽかしたとする。
それが原因で破談となったら、大きな金額を請求できるだろう。
(どこまで認められるかは裁判の結果次第だが請求はできる)

しかし退職した男性は入社2年。
友人が「使えねぇ」と愚痴をもらすレベルだから、大きな仕事は任せられないだろう。

当たり前だけど、請求できるのは突然の退職による不利益でた金額。
そうなると大きな金額は請求できない、と思う。

請求として妥当と言えそうなのは、その男性が突然やめたことによって、友人や同僚が残業して穴を埋めた費用。

つまり残業代。

10万円ぐらいかな。
多く見積もっても30万円ぐらいではないだろうか。

 

こんな小さな額だったら普通の会社は裁判なんてしない。
本業の仕事を頑張った方が儲かるからね。

裁判というのは一回数分で終わるのだが、準備書面で正当性を述べるため書類作成には時間がかかる。
相手が反論があれば、それに対する反論を文章にする。
これを繰り返す作業。

ましてやサラリーマンには厳しく平日のみで時間指定あり。
時間の調整が大変なんだよね。

 

けど、友人は裁判するらしい。
今、本社のマネージャーに許可を取るために動いてるらしい。

もう意地だよね。

会社側としては、もし弁護士費用がかかるなら許可は出さないだろう。
しかし友人は自分で答弁する。
弁護士さえ使わないければ裁判の費用は1~2万円程度。

これなら会社も裁判の許可を出すかもしれない。

 

だから友人には「腹立つ気持ちは分かる。けど、使えねぇと愚痴ってたヤツをイジメてもしょうがないって。今日はおごるから仕事を頑張れよ」と引き止め中である。

引き止めるのには理由がある。

 

退職代行サービスを使った人の立場で考えると

目線を変えて、退職代行サービスを使った彼の立場になって考えてみる。

もし裁判になったら退職代行サービス会社は、助けてくれるのだろうか?
100%とは言えないが、普通に考えれば助けてもらえないよね。

「助けてもらえない」というより「助けられない」と言ったほうが正しい。

 

助けられる可能性があるとすれば、それは弁護士のバッチを持っていること。
業務として他人の弁護をするためには弁護士の資格が必要になる。

しかし弁護士だったら「すぐに退職して良い」なんて明らかな法律違反は勧めない。
そんなことして弁護士会にチクられたらやばいし、「利用者に法律のウソを付いて商売していた」とバレると今度は弁護士が損害賠償請求されてしまう。

たった5万円のために弁護士が危ない橋なんて渡らないよ。

そう考えると電話してきた業者は弁護士の資格は持っていない。
だから「申し訳ないが裁判になったら、何もできないっす」としか言えない。

 

仮に弁護士の資格があっても、絶対に5万円では裁判は引き受けないよ。
弁護士はボランティアではなく商売。

弁護士なんて儲かる仕事なのに5万円で裁判を引き受けたら赤字。
ましてや弁護士の住む場所と離れたところで裁判されたら、新幹線の移動費で終わってしまう。
(だから普通は同じ地域に住む弁護士を探す)

一審だけで終わっても20万や30万円は取るだろう。
会社側から控訴され二審まで進んだら更に費用がかかる。

そう考えると弁護士費用が高すぎるため、本人が裁判で戦うしかない。

 

でもね、仮に請求額が20万円だったとする。
その請求額に妥当性があったら勝てないよ。

だったら「弁護士なんて使わず20万円を払って和解して終わらす」これが賢い選択になるだろう。

そう考えると退職代行を使って即日退職した彼に「問題がない」とは言わないが「彼も被害者ではないか?」と思えてしまう。

 

実は私、友人のため退職代行の経験がある

私の周りで「退職がどうしても言えない」と悩む人は、みんな真面目で責任感が強い。
そこに加えて「会社と個人の関係性」もあり、よくよく話を聞くと「その悩み、分かるわ」と思える。

以前にそんな悩みを持つ友人から相談を受けて、退職代行をやったことがある。
お金をもらったわけではないから、退職代行サービス業ではないけどね。

 

その友人は30代半ばの女性で介護職。
会社の立場で言うと中間管理職みたいな立場で、「現場の業務」も「送迎の業務」も「人の管理」も一手に受け持っていた。

仕事の愚痴はよく聞いていたけど、誰でも愚痴や不満はあるもの。
だから重く考えてなかったが「ねぇ、これ見てよ」と見せられたのが、左の耳の上にある、でかい円形脱毛。

普段は髪の毛で隠れて気づかないが、見た瞬間「こりゃアウト」と思ったわけ。

実は円形脱毛症になる人は幸せな人。
明らかに外から見えるところに「やばいよ」とシグナルがでるから、ある意味幸せ。

ストレスが胃にきたり頭痛にくる人は、他人も本人も気づきにくい。
だから「まだいける」と思って頑張りすぎてしまう人いる・・・。

 

その女性は介護職として小さな街では「仕事が出来る人」と噂になるぐらい有名らしい。
だから他の介護業者から「会社辞めなよ、辞めたらうちに来てね」と入社の誘いを受けていた。

そういった事情も知っていたら「残念ながら潮時ってやつです。退職です。辞めちゃいましょう」と伝えた。

 

退職を認めない会社

その女性は会社に退職届を出したが、会社が受け取らなかった。
その理由は、一人で多くの仕事を受け持っていたから「退職されたら業務が回らない」とのこと。

会社の言い分も分かる。
会社も困るのだろうが「一人が辞めたら会社が危機になるぐらい仕事が回らなくなる体制に問題はないのか?」なんて思うわけ。

だから「せめて業務の負担を分散してほしいと改善要求しな」とだけ伝えた。

 

それから2ヶ月。
まったく会社の体制は変わらず。

円形脱毛症は隠しきれず、角度によってはうっすら見えてきていた。
男性であれば笑い話にもできる人もいるが、女性の場合は難しいだろう。

だから「義理は果たした。来週から会社に行かなくていいよ。落ち着かないなら誘ってくれた会社にでも顔出してくれば?」とだけ伝え、会社に退職の交渉へ向かった。

 

始めましての会社とバトル

退職の話に決着をつけるため、ひとりで会社に向かった。
しかたがないから一応スーツを着て、からっぽのビジネスバックを片手に、デキる風のビジネスマンを装って。

会社に付くと、退職のやり取りをしていた施設長を呼び出して伝えた。

「退職を認めない理由はなんですか?」

「いや、認めないわけではないんだよ」

「では認めたってことで処理していいですか?」

「まぁ」

待たされた時間も含めてわずか5分。
揉めるかなって思ったらあっさり。

そんなもんだよね。

辞めさせてくれないって言っても、退職を拒む権利がなければ辞められる。
まさか退職する人を破壊じめにしたり、暴力を振るうわけではないのだから。

 

退職に必要な知識はたったの2つ。

1つは、法律的には民法第627条1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

つまり普通の正社員は、いつでも退職届が出せて、出してから2週間後には退職できるということ。

(注意:6ヶ月以上の期間によって報酬を定めた場合には、3ヶ月前に退職の意思表示すること。詳しくは民法第627条3項を参照)

 

2つ目は就業規則。

就業規則には退職を伝えてから退職できるまでの期間が書いてある。
多くの会社は1ヶ月。長い会社でも3ヶ月。
可能性はかなり低いが、就業規則を守らないと民事裁判で損害賠償される。

損害賠償にはならなくても高い確率でトラブルになる。

 

逆に考えればこの2つさえ守れば、誰にも文句は言われない。

「少し待って」とか「考えさせて」と引き止められたら、それは交渉。
交渉は自由で「半年待って」と伝えても構わないし、極端に「1年待って」と言っても問題ない。

しかし交渉に応じるかどうかは、退職する人の判断なんだよね。

交渉に応じたくない人は「次の仕事が決まっているので、交渉には応じられません」と明確な理由とはっきりとした意思を見せればよい。

例え次の会社が決まってなくても、その程度であれば「嘘も方便」。
嘘は良くないことだが、物事をスムーズに進めるためには必要なときもある。

 

退職代行サービスを使うリスク

私の個人の意見としては「退職代行サービスを使うな」と言うつもりはない。
リスクが取れるのであれば、それは個人の判断でかまわないと思っている。

問題は「どのようなリスクがあるのか?」ってこと。

退職代行サービスを使う人は、必ずリスクがあるってことを知ってほしい。

 

退職代行サービスを使ったら退職金や有休消化はどうなる?

退職代行サービスを使った場合、いろんな疑問がわくだろう。
例えば「退職金はもらえるか?」や「有給消化できるのか?」など。

退職金は非常に大きなお金。
勤続年数5年で50万円、10年で100万円がおおよその相場。

 

そして有給もお金である。
1ヵ月の出勤日数が20日で、有給が30日余っていた場合、全て消化できれば約1.5ヵ月分の給料がもらえると同じこと。
月給が20万の場合はざっくり30万円前後になる。

退職金と合計すると勤続年数5年で80万円、10年で130万円になり、かなり大きなお金になる。

 

会社側の立場で見ると「退職金は出さない」「有給消化は認めない」と簡単には言えない。
言うためには懲戒解雇にしなければならない。

懲戒解雇とは会社が行う処分の中で一番重く、簡単に言うと強制的なクビのこと。
就業規則には「懲戒解雇の場合は退職金を支払わない・減額する」と書いてある。
(書かないと例えば会社のお金を盗んだ人にまで、退職金を払うことになってしまうから)

 

そして即日懲戒解雇にされると、有給を使う労働日数がなくなるから、有休消化もできなくなる。

よく「雇用主は社員の有給の権利を拒否することはできない」と言われる。
これはその通りなのだが「雇用主と労働者という関係であれば」という前提が必要になる。
解雇されたということは、雇用主と労働者という関係が切れているのだから、権利も同時に失うんだよ。

定年退職した人が「有休残っているから使わせろ」と言っても、会社は使わせないでしょ?
それは既に雇用主と労働者の関係ではないから、使う権利を持ってないってこと。

では「退職代行サービスを使うと懲戒解雇になるのか?」というのが焦点になる。

懲戒解雇を認定するのには下記のような基準がある。

① 会社内における窃盗、横領、傷害等刑法犯に該当する行為があった場合
② 賭博や職場の風紀、規律を乱すような行為により、他の従業員に悪影響を及ぼす場合
③ 採用条件の要素となるような経歴を詐称した場合
④ 他の事業へ転職した場合
2週間以上正当な理由なく無断欠勤し、出勤の督促に応じない場合
⑥ 遅刻、欠勤が多く、数回にわたって注意を受けても改めない場合

注目してほしいのは⑤番の「2週間以上正当な理由なく無断欠勤し、出勤の督促に応じない場合」という項目。

「え?退職代行業者が退職の意志を伝えているから無断欠勤じゃないじゃん」という思う人もいるだろう。

けどね。
会社は退職を認めたわけじゃない。
ただ一方的に伝えられただけ。
会社が認めないと欠勤扱いになる。

そこに正当な理由がない場合は、無断欠勤と同じ扱いになる。

 

この手を上手く使えば、2週間は無断欠勤を経過させたのちに懲戒解雇することができ、それが裁判になっても裁判官が認める可能性は十分にある。

認められたら、退職金や有休消化分の給料はゼロ。

もっとも大きな難題になるのは、退職代行サービスを使う人が、会社に反論できるかどうか?
会社に「退職します」が言えないのに、裁判所で自分の正当性を述べられるのか?

きっと難しいだろう。

つまり裁判官がどうこう言う前に、反論する土台に立てない。
土台に立てないなら自分の権利を守ることができない・・・。

弁護士資格を持たない退職代行業者は、非弁行為になるから何もできず・・・。
弁護士資格を持つ退職代行業者からは、裁判費用が請求される・・・。

こうなったら手詰まりだよ。

 

今まではそこまで大ごとにする会社は少ない。
しかしこれからは分からない。

退職代行サービスがニュースに取り上げられ、使われる会社は増えている。
そこで会社が何もアクションしなかったら「引き継ぎなどしないで即日退職していいよ」と言っていることと同じになってしまう。

会社の内部では「退職代行を使えば引き継ぎなしを許すのに、なぜオレには引き継ぎをしろと言うのか?」と不満もでてもおかしくない。

会社は会社で「何かしらの対応しなくてはいけない立場」に追い込まれている。

 

そして、会社にアクションを起こされたときのリスクは大きい。
もしこのリスクがゼロであれば、退職代行業者は「退職金と有休消化は保証する」と言うだろう。
言い切ってくれたら使う人は安心するし利用者も増える。

しかしそんな退職代行会社は無い。
その理由は「リスクが存在し、代行会社はリスクを背負いたくないから」以外にあるだろうか。

つまり自分たちがリスクを背負えないから、利用者に背負わせているのが実態なわけ。

 

ぎりぎり言える範囲は「今までの実績としては退職金や有給消化できなかったケースはありません」ということ。
しかしこの言葉の裏は「あなたが初めて、そのケースになる可能性があります」という意味だよ。

しかも本当に実績がないのかは、利用する側には調べることができない。

 

身元保証人にバレる可能性

会社によっては入社するときに「身元保証書」を義務付けている。
入社してすぐに提出する書類であり、「そんなのあったっけ?」という人も多いだろう。

会社によって文面は違うだろうが、下記のような用紙になっている。

この身元保証という名前から「本人の素性を保証する人」というイメージだが実際は違う。
「故意または重過失により企業側が損害を受けたとき、本人と保証人が連帯して賠償責任を負う人」のことを言う。

保証期間は「定めがない場合は3年、定めがある場合でも最長5年」になっている(身元保証法)

退職代行サービスにより即日退職することで、保証人まで損害賠償が及ぶかは分からないが、連絡される可能性はあると思った方がいい。

 

会社から見ると退職代行サービス会社は、素性がまったく分からない謎の会社。
安否も分からないし「変なことに巻き込まれたのか?」と心配になり、保証人に連絡するのは自然なことだよ。

推測だが退職代行サービスを使う人は、親や親せきにバレたくないのではないだろうか?
バレた場合、退職代行業者は「すいません。連絡しないように言ったんですけどね」でお終いだろう。

こんなリスクもあることを忘れてはいけない。

 

裁判による損害賠償請求の可能性

一般論として、普通の平社員が会社をバックレで退職しても裁判までなるケースは少ない。

それはやっぱり弁護士費用や裁判にかかる時間、得れる金額を考えると「そういう奴はほっとけ」と本業を頑張った方が得になる。
だから「よほど恨みを買っていた」と「会社に大きな損害金を与えた」がセットにならないと普通は裁判なんてされない。

けど前に述べたように、退職代行が有名になってしまうと分からない。

会社としては「引き継ぎしないで突然辞めるとリスクがあるぞ」ということを「見せしめ」であってもやらなきゃいけない状況にある。

会社に目の前の得がなくても今後のために損害賠償が使われる可能性は高まっている。

 

退職を伝えるのが苦痛な理由

退職を会社に伝えるのは、とても嫌な作業。
自分も経験があるからとてもよく分かる。
そのときは本当に胃が痛くなった。

しかし、なぜ退職を伝える行為って辛いのだろう?

問題はここ。

 

退職するってことは、会社に改善できないレベルの不満や不安があるってこと。
それを伝える。

だれに?

その会社に残って頑張ってる人に伝える。
これが気まずい理由。

 

そして責任ある仕事をやっている人ほど辞めにくい。

責任ある仕事をしているからこそ、退職したときに上司や同僚に大きな負担がかかる。
会社が必死にフォローしなければ、お客さんにも迷惑がかかる。

腹立つ上司もいるが、世話になった先輩もいる。
愚痴を聞いてくれた同僚もいる。

自分が退職することで大変な想いをするのは、この先輩や同僚たち。
そしてお客さん。

そう考えると退職すると伝えづらい。

つまり退職が言いにくい理由は、会社の人や周囲の人の気持ちを想像するからこそ。

 

それに対して、退職代行サービスを使い即日退職する人は、調整の余地もなく法律違反してまで退職してしまう。
他人に迷惑が掛かることを知っていても強引に辞める手段を選ぶ人。

けど「誰に迷惑かかろうが他人の気持ちは関係ない」って思えたら、そもそも退職が言いづらい理由がない。
退職を言いづらくなければ、退職代行サービスを使う理由はなに?

ここに大きな矛盾があるように思える。

 

そう考えると退職代行サービスを使う人は限らてくる。
それはむちゃくちゃな理由で、退職を認めない会社のみ。

むくちゃくちゃな理由だと思えたなら、そこに義理などあるのだろうか?
義理がないなら、何も考えず法律上の権利を行使すればいいだけ。

ここにも矛盾があるように思える。

 

退職代行サービスを使う問題点

退職代行サービスってグレーだと思う。
それは法律違反を勧めることもグレー。

周辺に迷惑をかけてしまうこともグレー。

トラブルになったときに、責任を持てないこともグレーだと思う。
弁護士でトラブルに対応できたとしても、別途弁護士費用を請求することも、弱みに付け込んでいると思える。

 

でもそんなことは小さなこと。
世の中いろんな仕事があってグレーな仕事はいっぱいあるからね。

 

それに退職代行サービスに救われたって人もいるだろう。
しかし「退職代行サービスに救われたって人いる」ということが、問題に思えてしかたがない。

退職代行サービスを使ったってことは、他に頼れる人がいなかったということ。

「わり、真剣に悩んでいるだけど、ちょっといいか?」と言った時に、手を貸してくれる人がいない環境ってこと。
こっちの方が大きな問題だと思う。

 

ここ一番で退職代行サービスを使うことで、救われるのかもしれない。
しかし、このサービスを使う根本の問題は、人間関係の気薄さではないだろうか?

 

退職代行サービスを使った友人の会社の男性も、きっと手を貸してくれる人がいなかったのだろう。
そう考えると、怒っている友人に「まぁまぁ、許してあげなよ」と言いたくなってしまう。

 

退職代行サービスを使わざる得ない環境

退職代行サービスを使い救われている人がいる以上、一概に悪いことと言えない。
精神的に病むぐらいなら、むしろ使った方が良いのかもしれない。

 

勤めている会社に精神的な事情で会社に来れない人がいる。
しばらく疎遠になってしまった友人もうつ病になり、4年も仕事ができない状態が続いている。

これらの人を見ると特徴がある。

 

それは「職場の環境」と「プライベートの環境」のどちらも良くない状態が続いたということ。

このどちらかが上手く回っていたら、きっと会社に行けないほど病むことなかった。

職場環境は運の要素が大きい。
たまたま嫌な上司がひとりいただけで、職場環境は悪くなってしまう。

しかしプライベートの環境は運だろうか?
運の要素がゼロではないが、その他の要素もたくさんある。

個人が改善できるとすれば、プライベートの方。

 

困ったときに、誰かが手を差し出してくれる環境があるかどうか。

人に手を貸すというと大げさに聞こえるが、行動して実利を与えることだけが、手を貸すことではない。

一緒に笑うこと、アイディアを伝えること、少し背中を押すことだって、きっと手を貸すことに繋がっている。

その環境を作るためには、自分に余力がある時には誰か支えなきゃね・・・と思うんだ。

退職代行サービスを使うことは悪いとは言い切れないが、使わざる得ない環境は、その環境そのものを見直さないといけない。

敵を作るのではなく味方を作れ、と退職代行サービスを使った彼に伝えたい。

 

おさらい

  • 退職の苦痛は退職代行サービス費用5万円なら安いのかもしれない
  • 退職代行サービスを使う場合、いざというときは自分でケツを拭く覚悟が必要
  • 会社から逃げるのではなく、退職代行サービスを使わざる得ない環境から逃げよ