年功序列より成果主義(実力社会)の会社が良い?

皆さんの会社には「使えない上司」っていませんか?

日本は年功序列で年齢と共に少しずつ給料が上がり、出世もしやすくなる。

「なぜ使えない上司が出世できるのか?」
「能力ではなく年齢で給料が変わるのは合理的ではない」

そんな風に思っていた。

 

だから「日本も早く成果主義にならないかな」と思っていた。

 

その考えが変わる出来事。
それは成果主義の本場であるアメリカ・中国・スウェーデンの人と一緒に仕事してから。

成果主義をイメージだけで捉えて、なんとなく「良い」と思っていた。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

実力社会(成果主義)は嘘つきを生む

皆さんは仕事でミスをした場合どうしますか?

日本では「ほうれんそう」という言葉がよく使われ「報告・連絡・相談が基本」と教わる。

きっと「言うの嫌だなぁ」と思っても上司や先輩に伝えていると思う。
ミスが大きければ大きいほど。

ところが成果主義は違った。

 

ミスがあったらとりあえず隠す。

証拠となるメールが残っていても「自分ではない」と、まるで政治家の答弁みたいにごまかす。

私は最初「アメリカや中国の人はウソつきが多い」と思った。
もちろん日本でも嘘を付く人はいるが「なんでこんなに割合が高いのか?」と。

それが途中で「成果主義という仕組みの問題」と気づく。

 

成果主義というのは成果が出れば給料が上がる。

けど逆に「成果がでない」「大きなミス」があったら出世がなくなる。
出生がない程度で済めば、まだラッキーで解雇も日常的にある。

だから出世のため職を維持するため嘘を付く。

人がミスしないことは不可能なのだから、嘘が付けない人は出世ができない。
出世街道から外れると転職する人も。

皆さんはミスがある度に、ウソを付かなければならない会社が良いでしょうか?

 

実力社会(成果主義)は休日を無くし長時間労働になる

日本人は働きすぎ。
海外では休みが多くエンジョイしている思っていませんか?

確かに日本は働きすぎというイメージがある。

しかし成果主義で出世する人は、日本でいうブラック企業、もしくはそれ以上の労働環境で働いている。

職場から帰宅しても自宅で仕事。
休日でも仕事。

まるで仕事の合間に、少しプライベートがあるような感じ。

 

成果主義では「給料が高い人、低い人」に分かれるだけではなく、働く時間も「長時間の人、短い人」に分かれる。

成果主義は、こうなるのは自然の流れ。
隣の席に座っている同僚は、負けてはいけないライバル。

そのライバルが長時間働くことにより成果を上げていたら、追い付かないといけない。

効率を高めるにしても個人では限度がある。
そうすると長時間労働競争になる。

 

そしてアメリカには長期休暇がある。
日本で例えると学生の夏休みのようなもの。

これを「うらやましい」と思っていた。

しかし成果主義という働き方をしている人に、長期休暇中にメールを出すと・・・

返信がある。しかもレスポンスも悪くない。

これって休暇って言う?
休暇なんだろうけど休んだ気になる?

皆さんは「会社にいるライバル」「転職してくるライバル」に勝つために、休日に働き、長時間労働したいですか?

 

成果主義(実力社会)は点数になる仕事ばかりやる

日本は頑張っても評価(給料への反映)されない。
これは年功序列なのだから正しい。

 

日本の評価方向は大きく分けると2つ。

ひとつは、会社が作った評価項目があり、そこに点数を付けていくパターン。

例えば

  • 問題の解決力がある
  • 周りと連携して業務を進めている
  • 知識の習得度

こんな感じの評価項目があり「1~5点」などの点数を付けている。

実際は「この人は平均を4点ぐらいにするか~。じゃ、この項目は5点。この項目は3点」と結果ありきで、つじつまを合わせている。

 

もうひとつの評価方法は成果主義と近い。

それは「自分で課題を作り(上司が許可)」それを「上司が評価する」という仕組み。

入社1年2年であれば「◯◯の知識を覚えて、◯◯の業務ができるようになる」みたいなものでも許される。

ところが入社3年、4年と立つと「日常業務ができるのは当たり前」になる。

すると「日常業務ではない課題を作る」必要がある。

更に勤務年数を重ねると「本当にこれやれる?どこに時間があるの?」と感じる無理難題が課題になってくる。

 

日本の場合はそれが上手く出来なくても、そこまで給料は変わらない。
だから「課題があるが、お客さんの対応も山積みだし、課題はまぁいいっかー」になれる。

これは「課題をやらないダメな人」ではあるが「会社の収益を考えて臨機応変な対応できる人」でもある。

 

ところが成果主義は評価で、給料も大きく違えば解雇もあり得る。

するとどうなるか?

日常業務の手を抜き、評価になる課題に一生懸命になる。
評価にならない仕事は、上手に他人に押し付ける。

場合によっては「お客さんより評価になる課題優先」になる。

「そもそも私達は、なんで飯が食えているだっけ?あれ?課題で飯が食えるだっけ?」という仕事の本質も見失う。

 

成果主義は改善が進まない

仕事をしていると色んなトラブルがある。
会社内に迷惑をかけたり、お客さんを怒らせてしまったり。

その原因を探っていくと最後は必ず「人」になる。

お客さんの前で変な発言をしてしまうのも人。
ルールを作るのも人。

機械の調子が悪くても、その機械を作るのも人だし、管理しているのも人。

 

だから人が失敗を隠すことなく認めないと、次のステップである改善に進めない。

しかし降格や失業の恐れがあると失敗が認められない。
これが仕事において大きな弊害になる。

 

「改善(KAIZEN)」という言葉は、色んな国で通じる言葉。
「日本の改善を見習おう」という意識が海外で広まっている。

これは日本人は改善が上手いとか、器用とかではなく、失敗が認められる社会というのが大きい。

成果によっての評価が少なく、年齢と共に給料が上がる年功序列だから失敗を認められる。

 

成果主義って考えもの

日本の年功序列はちっとも完璧ではない。
では成果主義の方が良いのか?と言われたら考えもの。

つまり良し悪しがあって、完璧な仕組みなどはないってことです。

ただ日本でも成果主義に少しつづ近づいてきている。

インセンティブと言われる特別な報酬を出す会社が増えたり、自分で作る課題の達成度に応じて、出世の影響が強くなったり。

しかしこのまま進んで良いのだろうか?

 

もし明日から日本が成果主義になったら・・・

「後輩に分からなかったら聞けよ」とか。

「下請けの人が困っていたら話を聞こう」とか。

「同僚がテンパっていたらフォローしよう」とか思えただろうか?

きっと自分の立場を守るため必死で、相手にすることは出来なかったと思う。

 

もしかするとそれでも良いのかもしれない。

けど先輩に「そこまでしてくれなくても」と思うぐらい教えてくれた先輩がいた。
仕事ミスして下請けの人に好意で助けてもらったこともある。

自分が好意を受けて、逆の立場になったら返さなくて良いのか?
そう考えると変えるのが辛い。