「住宅業界には転職するな」と伝えたい理由

知り合いから「異業種転職を考えているんだけど、どこの業界がいいかな」と聞かれた。

これから伸びる業界というのは正直分からない。
スマートフォンのように一気に伸びる業界もある。

けど衰退する業界は分かる。
それは人口に大きく影響を受ける業界。

日本のこれからを考えると人口減少時代が始まる。

日本の人口推移と将来推計

2000年から2020年までの20年は日本の人口はほぼ一定。
2020年から2040年までの20年は約1400万人も減る。
更に10年過ぎて2050年になると1億人を下回る。

 

これは日本は体験した事がない始めてのこと。
2020年で30歳以下の人は、2050年も現役で働いているだろう。

人口減少は多くの国内産業に影響を与えるが、その中でも大きな打撃を受けるのが、住宅業界や不動産業界。

Sponsored Link
Sponsored Link

現状でも空き家が多い日本

ニュースでたまーに「地方の空き家問題」という言葉を聞く。
しかし地方に住んでいてもピンとこない。

「一体どこに空き家があるんだろう」なんて思っていた。

それに気づいたのは車が故障したとき。
整備工場に代車がなく、ちょうどお盆休みだったので「まぁいいか」と車がない日を過ごした。

歩く生活になるとアパートの空き部屋の多さに驚く。
中には空いている部屋の方が多いアパートもある。

調べて見ると日本の空き家は毎年増えて、2018年には846万戸まで増えている。

空き家件数の推移

今までの人口はほぼ一定だった。
しかしこれからは人口が減っていく。

これはずっと前から分かっていたが、それでも住宅数は増え続ける。

総住宅数の推移

住宅なんてメンテすれば、70年80年使うことが当たり前。
30年前に作った建物は、30年後も現役として使える。

もう住宅は足りて余っているのに、それでも増え続ける理由は何だ?

 

空き部屋が埋まらないのにアパートが増えている理由

2008年あたりの話だが、友人が親の相続で土地を受け取った。
けど普通のサラリーマンをしている友人は、土地をもらっても使い道がない。

それをどこから嗅ぎ付けてきたのか、現れたのは大手の住宅メーカー。

 

その会社は「土地を有効活用しませんか?ほっといてももったいないですよ」とアパートを建てることを進められた。
その契約の中には「入所者がいなくても家賃を保証する」という内容もあった。

最初は新築だから満室になったが、5年、10年経つと空き部屋が目立つ。
すると当初予定されていた保証額の減額された。

 

ここには単純なロジックがあって「10年間家賃を保証する」とは言ったが「減額しないとは言ってないよね?」という子供みたいな言い訳が使われる。

しかも「嫌なら契約を解除する」という脅し文句も使う。

これで友人は土地と建物を手放すことになる。
これと同じようなことが地方都市のあちらこちらで起きている。

まぁ、法律上は詐欺にはならないだろうが、被害を受けた人の感覚で言うと詐欺だよね。
つまり詐欺まがい商法により、空き部屋が増えている。

 

普通のビジネス感覚を持っていれば、20年後の人口減少を考えると、新しいアパート・マンションは建てようとは思わないが、その感覚がない人もたくさんいる。

 

私が住宅産業を勧めない理由

私が住宅産業をオススメしない理由は2つ。
ひとつは人口減少の影響を大きく、産業全体から見ると縮小傾向だから。

物の価値は需要と供給で決まる。
需要が減れば、供給を高めるために、何かしらの施策を打たないといけない。

その施策でもっとも効果的なのが安く売ること。

アパートやマンションを建てた人は「誰にも借りてくれないなら、利益がなくても、むしろ元が取れなくても借りて欲しい」と思っている。

アパート・マンションの家賃が下がったときに、持ち家が欲しいと思う人がどれだけいるだろうか?
よく「自動車離れ」とか「テレビ離れ」とか聞くが、賃貸アパート家賃が値崩れしたら「持ち家離れ」も来る。

きっと倒産する会社も増えるだろうし、事業の縮小は逃れなれない。

ただ、これだけが理由でオススメしないわけじゃない。

 

住宅産業で生き残れる会社と厳しくなる会社

住宅産業で生き残れる会社は、「人口が集まる大都市に強い会社」と「海外進出」している会社。

では地方にあり海外に弱い会社はどうするのか?
それが前に述べた「先がないのにアパートが増え続ける理由」と同じ。

つまり儲からないのに「儲けませんか?」と騙し儲ける商売に走るしかない。

 

昔にお年寄りに布団を営業する仕事があった。
海外の羽毛布団で値段は高いが、物は悪くものではなかった。

それが羽毛布団が一般のお店でも流通すると、商売が成り立たなくなり、半ば騙し商売のように押し付けて売る営業マンが増えた。

個人向けの商売が終わりに向かうと、利益を無理に維持するために人を騙すようなことをしてしまう。

仕事ってそんなもん。

 

その業界の人も住宅産業で働いている人も「人を騙したい」なんて思ってないよ。
会社は上司にプレッシャーかけて、上司は部下にノルマ化して、いつの間にか恨まれる仕事になる。

では「プレッシャーをかける会社が悪か?」と言われるとそうとも言い切れない。

会社は利益の維持させないといけない。
維持できないならコストカットするしかない。
コストカットでもっとも効果が高いのはリストラ。

会社の社長は「リストラはしたくないな。申し訳ないな」という思いが強く、結果的にお客を騙すようなことをしてしまっている。

社員も徐々に変わるため気づかない人もいれば、売ることが正義と思っている人もいれば、気づいているが「いまさら転職?もういい歳なんだけど」と生活のため離れることできずにいる人もいる。

 

住宅産業はそうなる可能性が高いというか、もうそうなっている会社が多い。

大切なのはその仕事に「やりがいを感じるか?」って話。
働く人にとって大切なのは、業界の将来性もあるけど、こっちの話もとっても大切。

最悪はやりがいがなくても良いが「やってて嫌だな」って思う仕事は続かないよ。
どうせ転職するなら長く働ける仕事が良い。

「あ、給料高いからありだな」だけじゃなくて。