ハローワークで窓口相談する注意点と隠れたメリット

「転職サイトとハローワークと求人雑誌系では、どれを使った方が良いの?」という相談を受けた。
この相談を受けると決まって「全部、使った方が良いですよ」と答える。

転職で重要な事は、選択肢を増やすこと。

これは良い会社を探すということはもちろん、もし不採用になった場合に、他に応募したい会社があれば精神安定剤にもなる。

だから応募した会社の他に、最低もう1社の候補があることが望ましい。

そのためには、めんどうかもしれないがネット系の転職サイト・転職エージェントの他に、ハローワークも求人雑誌も目を通した方が良い。

今回はその中でもハローワークの窓口相談について。

何も知らずに窓口相談に行くと担当によっては危険なことがある。
しかしあまり知られていないが、他ではなかなか得られない情報が得られるというメリットもある。

今回は「ハローワークに相談するときの注意点と隠れたメリット」について書いていくよ。

SPONSORED LINK

ハローワークの求人票は多く内容が網羅されている

まずはハローワークの求人票の内容説明について。
もし「求人票を何度も見たことがあるから、内容は知っているよ」という人は読み飛ばして。

ハローワークの求人表は、実は転職サイトや転職エージェントが掲載している情報よりとても多い。

これは転職サイトや求人雑誌を利用する人にとっても「働く人は会社側に何を確認すれば良いのか?」の参考になる。

ハローワーク求人票 項目

求人票は上記のような5ブロックでできている。

その内容は

(スマホの場合、表は横にスクロールします)

求人事業所名
事業所名会社名が記載
所在地本社の記載
就業場所実際に勤務する場所が記載されている。
所在地と異なる場合は支社か派遣。
仕事の内容等
職種職種、もしくは役職を記載(例:工場長)
仕事の内容仕事の内容、もしくは必要な経験を記載。
雇用形態正社員、派遣、契約、パート等の記載
注意)「正社員候補」と書いてある、あやしい求人もある。
雇用期間契約の更新が必要あるかないか
学歴応募対象になる必要な学歴
必要な経験応募対象になる経験
必要な資格応募対象になる資格 (「あれば尚可」と記載してある場合はなくても応募可能)
年齢応募対象になる年齢
労働条件
賃金基本給と手当が別けて記載
賃金形態月給・日給・時給などで分かれている
賃金締切日
賃金支払い日
給料の締め日と支払い日を記載 注意)
希に1か月程度、支払いが遅れる会社がある
通勤手当通勤手当が記載。上限がある場合は上限金額を記載
昇給前年の昇給実績
賞与前年のボーナス実績
加入保険厚生年金や退職金などの社会保障の有無
就業時間フレックスタイムや交代制の記載もある
休日土日が休みか、平日休みか等の情報
休みの量は年間休日日数を確認した方が分かりやすい
会社の情報
従業員数会社全体と勤め先になる従業員数を記載
また女性の人数も記載があり男女比率が分かる
創業創業した年を記載
資本金資本の金額を記載
労働組合労働組合の有無
事業内容主体となる事業内容を記載
派遣会社かどうかはここで判別できる
会社の特徴会社のアピールポイント
定年定年の年齢や再雇用される年齢を記載
入居可能住宅社宅の有無
利用可能託児施設託児する施設の有無
育児・介護・ 看護休業育児・介護・看護休暇を取った過去の実績
年間休日年間の休日日数を記載
就業規則就業規則の有無
選考等
採用人数採用される人数
選考方法面接、筆記、書類選考などの選考方法を記載
応募書類応募されるための必要書類
選考結果選考される期限と結果の連絡方法
試用期間試用期間の有無と試用期間中の労働条件

これだけのボリューム。

はっきり言って、転職サイトや転職エージェントの求人には、これだけの情報量はない。
もしかすると半分以下の情報かもしれない。

一番、丁寧で細かい求人はハローワークの求人。

個人的には、転職エージェントと対面するとき、確認内容はこの求人票を参考にしている。

もっと情報がほしいときは窓口相談するのだが・・・

ハローワークの求人票の内容は充実していると言ったが、もっと深い情報がほしい人もいる。

例えば仕事内容。

仕事内容は営業補佐とかいてあるが、補佐とは具体的にどんな内容なのか?お客さんのところへ行ったりするのか?それとも事務のような仕事なのか?とか。

求人募集のことであれば

今回の求人募集の目的はなに?とか。(退職者が出たため補填。新規事業所の設立、など)

働く条件に関しては

繁盛期と閑散期に残業の差はどれぐらいあるのか?最大で月の残業は何時間になるのか?とか。

こういった求人票にない情報も聞くことができる。
ただし、ハローワーク自体は、求人票に掲載がない情報は持っていない。

ではどうするのか?

それはその場で会社に電話されます。
ただ単に電話するだけだったら良いだけど・・・。

ハローワークの担当者によっては困らされる

ハローワークが会社に電話するとどうなるのか?
そのやり取りによっては、相談した側が困ることになる。

求職者「すいません、この求人でお聞きしたいのですが、残業時間は20時間と書いてありますが、繁盛期ではどれぐらいになるのか確認したいのですが」

ハローワーク担当者「はい、分かりました。少々お待ち下さい」

電話を取り番号を押し始める。

「もしもし、こちらハローワークですが、採用担当者の方お願いします」

「もしもし、こちらハローワークですが、求職中の27歳男性で営業経験が2年半の経験がある方が、目の前にいるのですが、質問よろしいですか?」

「残業時間は20時間程度と記載してありますが、繁盛期の残業時間はどれぐらいになりますか?」

「あー、そうですか、少々お待ちください」

(受話器を口元から遠ざけ、こちらを向いて)

「多い月で35時間程度とのことですが、どうします?応募されますか?断りますか?」

と突然、聞かれてしまう。

事前に「残業時間が35時間以内であれば応募しよう」と決めていれば良いのだが、「聞いた上で家で再検討しよう」と思っている人からすれば突然の出来事。

すぐに「応募します」とも「断ります」とも決断できないんだよね。

だからハローワークに相談するときは、予め決断しておく必要がある。
会社がどう回答した場合、応募するのか、断るのかを。

【憶測】なぜハローワークは決断を急がせるのか?

ここからは憶測だが、ハローワークの担当者はあえて求職者の性別、年齢、経験を伝えているんだと思う。

その理由は断りにくい状況を作るため。

ハローワーク側の立場に立つと、毎日たくさんの求職者が相談に来る。
ひとりひとりに時間を掛けていたら、いつになっても終わらない。

相談したく長い時間待っている人もいる。
だから、手短に終わらせるためにプレッシャーを与えてすぐに判断させたいのだろう。

その気持ちは分からなくはない。
しかしそういう気持ちは「自分の方向しか見ていない仕事のやり方」と言われかねないよね。

転職者の事を思うのであれば「その情報によってどうしたいのか?」を事前に確認するべきだよね。

もしかしたら失業保険を出さないように指示があるのでは?と勘ぐってしまう。

ハローワークに相談すると得られる有益な情報もある

あまり知られていなのだが、ハローワークの窓口だからこそ、得られる情報もある。

それは「採用の実績」と「不採用の実績」。

例えば

  • どういう人が応募したのか?(年齢、性別、経験年数など)
  • その人が採用になったか?不採用になったのか?もしくは転職者が断っているのか?

この情報はとてもありがたい。
今まで採用になった人、不採用になった人の概要が分かる。
それに照らし合わせて、自分がどうか?という推定ができる。

例えば「実務経験が3年以上と書いてあるが、経験が2年の人が内定をもらった」実績があれば、その会社は人手不足で困っている会社。

自分が実務経験2年しかなくても、応募できる可能性が高いし、自分がそれ以上の経験があれば採用される確率は高い、と推測できる。

その他にも

  • 何人の人が応募して、採用された人数は何人か?(採用の確率)

などの情報もハローワークは持っている。

「10人の応募があって採用者がゼロ」という会社もある。
こういう会社はハローワーク特有の「カラ求人」の可能性がある。

カラ求人とは採用する気がないのに応募だけする求人のこと。
ハローワークは会社側も無料だから「とりあえず求人出しとけ」という会社がある。

カラ求人ではなくても、採用の難易度を測るため採用の確率は重要な情報である。

他にも

  • 求人受付日より以前は求人があったのか?その時の採用状況は?

ハローワークには、いつ求人を受け付けたか?また期限はいつまでか?という情報が掲載されている。
ハローワーク 受付日と紹介期限

この応募期限はあってないようなもので、人材が集まらなかったら、また新規求人として掲載される。

転職は新卒みたいに一括採用なんてないから、早いもの勝ちである。
もし本当に新着求人であれば、ライバルも狙っている可能性があるから、出来るだけ早く動いた方が良い。

しかしずっと同じ求人を出している会社は、第二候補、第三候補にしても、また求人が掲載される可能性が高い、と読むことができる。
(それでも採用が決まって募集が終了することがあるので、早めに動くに動いた方が良いが)

また

  • 現在その会社に応募している人は何人いるのか?(ライバルの存在を確認)

も確認できる。

採用人数が2人に対して、20人も応募している会社もある。
その場合、2人採用されたとしても10人のライバルに勝たないとならない。

逆に現在の応募者がゼロの会社もある。
もし良い求人で応募者がゼロの会社があればラッキー。

ライバル不在の状況で「どちらの転職者が良いか?」ではなく「その人が適応できそうか?」という目線で見られるため、採用の確率は上がる。

また、これらの情報はハローワーク内のデータを見れば分かることであり会社に確認しない。
こういうメリットもある。

しかし念のために「ハローワークで分かる情報があれば教えて欲しいのですが」という前置きをして、これらの情報を聞いた方がいいよ。

ハローワークは国の機関。うまく使い倒せ

ハローワークが存在する目的は、失業者を減らすこと。
しかし在籍中の人でも「求人票を見たい」「求人の中身で相談がある」と言えば、相談に乗ってくれる。

で、あれば上手に使ったもの勝ち。

色んな情報を手に入れて「やるだけやった」と思える転職を目指してほしい。

メモ用にハローワークで聞けることの一覧はこちら。

  • どういう人が応募したのか?(年齢、性別、経験年数など)
  • その人が採用になったか?不採用になったのか?もしくは転職者が断っているのか?
  • 何人の人が応募して、採用された人数は何人か?(採用の確率)
  • 求人受付日より以前は求人があったのか?その時の採用状況は?
  • 現在その会社に応募している人は何人いるのか?(ライバルの存在を確認)

この情報が欲しい、思うものがあれば確認してみてほしい。

個人的には転職サイトや転職エージェントで見つけた会社でもハローワークに求人があるか、探しているよ。
あったらラッキーで、情報を聞き出せるからね。

ただし、当たり前だけど転職サイト経由で応募した情報はないが。

おさらい

  • 転職はできるだけ多くの求人を確認しよう。
  • ハローワークは失業中、就職中に関わらずどんどん利用しよう。
  • 転職は情報量の差が明暗を分ける。
SPONSORED LINK

シェアする