保険セールスレディーに転職する覚悟。女性が多い職場の現実と保険の仕組み

世の中にはいろんな仕事がある。

現在30代後半だけど、友人や知人と仕事の話をしていると「一度、その職業でやってみたいな」って思うことが今でもある。

逆に「その仕事はやりたくない。友人にも勧められない」と思う仕事がある。

そのひとつが生命保険会社の営業。

とくに女性にはオススメしない。

生命保険の営業って大きく訳てふたつのパターンがあるんだよ。

ひとつは営業専門の会社を設立して、大手保険会社と契約して顧客を獲得していくこと。
一般的には「保険の代理店」なんて呼ばれ方をしている。

もうひとつは保険会社に直接雇用されて営業する方法。
この職業に付いているほとんどが女性で、一般的に「保険のセールスレディー」なんて呼ばれ方をしている。

おれがオススメしないのはこの「保険のセールスレディー」の方。

特に長く勤めようと思っている女性は避けるべき職業だと思っている。

SPONSORED LINK

保険営業の一歩目は人間関係を壊すこと

保険のセールスレディーは、女性が高給取りになれる数少ない職業のひとつ。
今でこそ少なくなってきたが、ちょっと前はベンツを乗っている女性は、たいがい保険屋だったりしたもの。

うちの会社に来ていたセールスレディーは、うちの社長より高級な車に乗っていたよ。

その理由は率の高い歩合制だから。

歩合制の営業にベテランも新人もない。
数字を上げれば新人だって高給取りになれる。

よく言えば一攫千金を狙える夢がある職業とも言える。
年収1000万円越えも狙える職業。

普通の会社は上司に気に入られるために、おべっか使ってゴマ擦って出世する現実と比べると気持ちが良い仕事。

けど、みんながみんな営業が上手いわけがないんだ。
多くの人は飛び込み営業して「はい!生命保険ゲット」とはならない。

けどノルマやプレッシャーはある。
数字を上げないと給料は5万とか10万とか。

じゃ、どうするか?

家族・親戚・友人・知人に生命保険に入ってもらうんだ。

みんなそう。

あなたの周りにも知り合いから生命保険に入った人はいないか?
実はオレもその内のひとり。

知り合いに「私を助ける意味でお願い」と頼み込まれた。

オレはある条件を出して契約した。

その条件は「今後、知り合いに”お願い営業”だけはすんな」と。

というのも営業が知り合いに頼ったら、もうお終いだと思っている。
最後の手段なんだよ。

きっと保険会社の上司は「今月もゼロか?誰か周りにいないのか?」とか言っているはずなんだ。

当然、新人さんは上司の言うことを信じて知人を探す。
ただし顔が広い人でも、知人の数には限りはあるよね。

知人を一通り保険に入れたら終了。
数カ月後にはノルマ達成できず解雇が待っている。

これが厳しい現実。

そもそも知人に”お願い営業” ”押し付け営業”するって行為は、今まで築いた人間関係を”現金化”する作業。

それを理解している営業は、絶対に知人に営業はしない。
縁が切れても良いと思っている人以外はね。

そもそも良い保険には裏がある

生命保険とか医療保険ってよく「もっと良い商品が出たので、切り替えませんか?」って言われる。

先日も営業の人が来てこの言葉を言われた。

そんな営業してきた人には「もっと良い保険が出せるということは、御社が儲かっているってこと?だったら今の保険の料金下げてよ。他社よりも下がればお客さんいっぱい来るよ」と言うと皆さん帰っていく。(嫌な奴)

例えば昔の医療保険はレーシックの手術代が出る医療保険がたくさんあった。
けど、途中で新しい保険に切り替えるとレーシックは保険は対象外になっている。

一時期からレーシックを受ける人が増えた。
それで出費が増え困るのは保険屋さん。

「新しい良い保険」の名の下に、いつのまにか適用除外にされている。

そんな説明受けた?
まぁ、受けた人なんていないだろう。

だってそもそもセールスレディーの多くの人は、知らないだろうからね。
知らなきゃ説明できるはずもなく。

そして、新しい保険に切り替えると成功報酬が出る仕組み。
そりゃ営業の皆さん頑張って商品アピールして頑張るよ。

なんせ生活が掛かっているから。

当然だけど「良い保険」には裏がある。

保険加入者に取って良い保険とは、保険会社にとっては利益率の低い悪い保険。

そして保険の内容を作るのは保険会社。
自ら損をする保険を作ることなんてありえるのか?って話。

ある一点を見て「良くなった」と思える保険は、「悪くなった」部分がないと採算が合わなくなる。

じゃないと、保険屋さんは倒産しちゃうよ。

そんな事したら株主は「おれの金をドブに捨てるんじゃねぇ」って怒るでしょう。

女性を多く採用する会社の意図

保険の営業の代名詞に使われる「セールスレディー」という言葉。
レディーというぐらいだから女性の仕事なんだ。

なぜ女性を雇うのか?
保険の営業は男性ではできないのか?

いやいや、男性でもできる仕事だよね。

もちろん女性を雇うメリットがあるってこと。

それは回転率の早さ。

多くの女性は30歳までに出産を経験する。

出産すれば育児休暇で一定期間の休みが必要になり、復帰後も子育てで大変になる。
大変になると男性や結婚してない女性と同等の仕事が出来なくなる。

当然、肩身は狭くなる。
それでも会社に在籍している人を「お局」なんて呼ぶ会社もある。

旦那が転勤になれば、付いていくしか選択できない人もいるだろう。
正社員で入社したが、諦めてパートに切り替える。

そんな事情を考えると女性は雇用の回転率は高くなる。

雇用の回転率が上がると「新しい知人」を持ってくる。

会社は「ある年齢になったら退職してくれる前提」で人を雇っているんだ。

どんなに頭をひねっても、この職業が長く務めたいと思っている人にとっては、この仕事が良い職業だとは思えないよ。

そしてもう一つの理由は、売れない営業は給料が安い。
これが男性が働けない理由。

先月は30万だったけど今月は5万、そして来月は分からない。
これじゃ家族を養っていくことは不安だよね。

それは女性も同じだろ?って。

そこが男性と違うところ。

女性は夜の仕事で稼ぐことができる。
実際に保険が売れないセールスレディーは、夜の仕事と掛け持ちしている人が多いんだ。

だからなんとか飯を食っていける。

給料が5万円ってありえなくね?
最低賃金を下回ってないか?って思うでしょ。

これが実はセーフ。

正確にいうとセールスレディーは雇用されているわけじゃなく、個人事業主として保険会社と契約している立場だから。

つまり保険のセールスレディーとは社長。
社長の利益が5万円だからって国は助けないでしょ?

女性の皆さんは女性が多い職場の方が安心するだろう。
働きやすい環境と感じるのかもしれない。

逆に女性が多いと噂話やいじめが多いと不安に思う人もいる。

けどもっと心配することは
「女性が多い職場は、女性を多くしなければならない何かしらの事情がある」ってこと。

それを”知る” “知らない”だけでも仕事の選び方が変わってくるよ。

だから女性には男性中心の仕事、もしくは男女比率がそれほど差がない仕事をオススメする。

保険のセールスレディーが行うプレゼント攻撃

売れている保険のセールスティーは武器も持っている。
そのひとつがプレゼント攻撃。

大手保険会社は子供に人気があるアニメキャラクターや芸能人を広告塔に使っている。
もちろんアニメでも芸能人でもその契約料金はバカ高い。

そのアニメのキャラはクリアファイルや下敷きなどのちょっとした文具用品にプリントされ、お客に無料でプレゼントする。

この無料なのはお客だけで、保険のセールスレディーはその商品を自腹で購入する。
個人事業主だから会社から無料で支給されるわけじゃない。

しかし営業成績が良いセールスレディーは「損して得取れ」で沢山このグッツを購入する。

その理由はお客さんと会うため。

保険の営業の人が家に来るのってちょっと嫌でしょ?
けど子供が喜ぶキャラクターグッツを無料でくれたらどうかな?

きっと多くの人は嫌な気分ではないだろう。
逆に「いつもいつも悪いわね」という気持ちになる。

この客の心理を上手く使う。

当然ながら保険屋は保険を売るためで利益を得ているわけ。
つまりお客と頻繁に会うためにグッツを使い、タイミングを見計らって保険の切り替えを狙う。

もしくは学資保険や火災・自動車保険を狙う。

でも、どこの保険屋もやっていることは同じ。

プレゼント合戦に勝つためには、それなりの出費も必要になる。

【余談】定期型の生命・医療保険はゴミと知れ

ちょっと余談になってしまうんだけど、セールスレディーって実力主義の弱肉強食。

だから・・・売る保険も利益重視なんだ。

利益重視ってことは、保険に入る側にとって良くないってこと。

セールスレディーが売る生命・医療保険って「定期保険」って呼ばれる種類。
特徴としては3年・5年・10年で更新が来るんだ。

この更新するって行為は、保険では最悪でありデメリットしかない。

20代の人は1000円~2000円ぐらいで、手厚い保証が付いた保険に入れる。

ガンや三大疾病や先進医療が付いても安い。

30代ではそれほど変化はないが、40代から急激に保険料が高くなる。

40代になって保険の更新を迎えると初めて気づく。
「え?保険ってこんなに高いの?」って。

そこでセールスレディーは言うんだ。

「大丈夫ですよ。今、この保証金を減らして、このオプションを外すと、ほら!今と変わらない保険料になったじゃないですか?」と。

つまり年齢が上がるにつれて、保険の保証内容が悪くなる。
保証内容を維持しようとするとバカ高い。

その理不尽さに気づくお客さんには、一網打尽にする魔法の言葉を使う。

「みなさん同じようにしていますから」

知識のない人は「みんなと同じ」にという言葉にめっぽう弱い。

自分の許容範囲を超えると、「その商品がどうか?」ではなく「他の人はどうしているのか?」に判断基準が変わってしまうんだ。

そして他人と同じという事が、安心だと勘違いをしてしまう。

ここを上手く使った営業・販売方法は山のようにある。
例えばネット上に転がる「口コミ情報」や「ランキング情報」がその最たる例。

数万円程度の商品であれば「口コミ情報」を信じて買っても良いだよ別に。

騙されたとしても「やっちまった!」で済む話だからさ。
その場は痛いけど、人生においてはなんら影響がないレベル。

でも保険は支払いが分割なだけで本当は超高額商品なんだ。

自分が生涯払う金額を考えれば、車より高い買い物だよ保険は。

この定期保険という種類の保険に入って、定年を迎えた人がどうなっているか知ってる?

定年を迎えると収入が年金になるでしょ。

その年金の中から高額な保険料を支払わなくてはならない。
そうするとみんな保険を解約するか、スズメの涙ほどの保険内容に切り替える。

若い時に「今はガン保険や三大疾病が充実しています」と言われた保険が、ガンや三大疾病になりやすい年齢になると、みんな解約している。

これが現実。

みんな解約してくれるからこそ、保険会社は出費が少なくなり保険料が安くできる。
若い人が安いのは、それだけ病気になりにくいから安いだけ。

いいだよ。
自分が困るだけなら。

けど、生命保険も医療保険も家族のために入るものなんだ。
定年を迎え大きな病気になり、医療費が高額になったら払うのはだれ?

嫁か?
成人を迎えた子供か?

家族は困るんだよ。

医者は「◌◌をすれば助かる可能性はあるが、医療費は高額になってしまいます」と言うよ。
家族は悩んだあげく出す答えは「お金がないので結構です」と答える。

悲しいよね。
おれはこんな家族の姿をもう見たくないよ。

腹がいっぱいのときはステーキを出すが、腹が減ったら塩しか出さない。
そんな内容なのが定額保険と呼ばれるタイプ。

決して良い内容の保険じゃないでしょ?

もちろんまともな保険もある。

例えば保険期間は一生(終身)だけど、支払いは定年の60歳までに終わる保険。
そして支払い方法は右肩上がりではなく定額タイプにする。

そうすると若いうちは給料は高くないのに保険料は高い。

けど、収入のある60歳までに支払いが終わるから、いざ自分が高齢になり病気になったときに手厚い保険が下りる。

家族は安心だよね?
個人的にはこの「安心料を買うのが保険」だと思っている。

けど、若い人は給料が低いから、高い商品は売りにくい。

ちゃんと説明すれば売れるかもしれないが、利益重視のため多くの客数をさばく必要があるから説明が「めんどくさい」

だからセールスレディーがする保険は、将来家族が泣く保険を売る。

「安い」「何度でも保険を見直せる」「みんな同じ」。稼いでいるセールスレディーはこの言葉を巧みに使う。

この仕事のどこがいいの?
おれには少しも理解ができないよ。

そういう意味でもセールスレディーの仕事はオススメしないよ。

【余談2】貯蓄型生命保険(養老保険)は良い商品ではない

保険には「掛け捨て型」と「積立型」と呼ばれる商品がある。

保険のセールスレディーが積極的に売ろうとする商品は「積立型」と呼ばれる保険。

オレはこの「積立」と「掛け捨て」の言葉の使い方が非常に良くないと思っている。

「積立」というと貯金というイメージがある。
そして「掛け捨て」は一切お金が返ってこないから損というイメージがある。

これが大きな間違えの元。

確かに積立型保険で満期を迎えると100%を超える商品もある。
つまり支払った金額より、満期保証金が増えて返ってくる。

商品によってバラバラだけど高いもので3%~4%ぐらい増える。

そこで保険のセールスは「銀行に預けても今は0.01%ぐらいしかないので、保険の方が高いです」と言う。

これはおっしゃる通りなんだ。
おっしゃる通りだけど、おれは「銀行に預けとけ」と言う。

積立型保険って「掛け捨て部分」と「積立の部分」と「運用益」の3つ構造になっている。

分かりやすく図にするとこんな感じ。

積立保険の仕組み

保険の期間が長くなると運用益の部分が増え、満期になると約3%の得をする仕組み。

「掛け捨ての部分」+「積立の部分」+「運用益」=満期に受け取る金額

って感じなる。

掛け捨て保険に比べて、積立型保険は死亡保証金は同じでも、とても高額なんだよね。

そして死亡したらどうなるのか?
満期に貰える金額はなくなり「掛け捨ての部分」から死亡保証金が支払われる。

積立保険の仕組み(保険を使ったら)

つまり死亡した時点で「積立の部分」と「運用益」はゼロになり、その支払分は損をする。
死亡しない事が前提であれば3%程度の得があるっこと。

だから、あなたがもし死亡しない前提であれば得をするから、積立型生命保険に入ることをオススメする。

けどね・・・。

死亡しない前提であれば、そもそも保険に入る必要がない。

そもそもの話をすると銀行も保険もお金を集めて、株や国債を買ったりして資産運用することで儲ける商売。

銀行に定期貯金で預けても0.2%しか増えないのに、積立保険にしたら2%になる理由はなに?

銀行の資産運用している人は、稼げないバカってこと?

そんなわけがない。

誰かが差額分の1.8%以上を損をする仕組みが保険にはあるだよ。

ちなみに学資保険もまったく同じ。
学資保険は「貯金ができない人のみ、入った方が良いかな」って保険。

学資保険の場合は、さらに離婚したらお母さんが払えなくなり途中解約が多いから、満期の金額が高いだけ。

3分の1の夫婦は離婚しているからね。

子供が死亡しない前提であり、離婚しない前提であれば得だけど、現実考えたらそんな事は誰にも分からないから普通に貯金した方が良いよ。

まぁ、そもそも保険で得しようとする考え方が間違いなのよ。
仕組みを作る側の保険会社は、得をしようと思って作っているのだから。

【余談3】インターネットで扱っている保険も変わらない

なんかセールスレディーの仕事ばかり悪く書いてしまったけど、インターネットで販売されている保険も同じだよ。

よくインターネットでは「保険料の一括見積」とか書いてあるんだ。
みんな一括ボタンを押して安いところに入る。

ここで売っているのは、例に出した定額保険と呼ばれるもの。

保険会社にとって利益率が高いもの。
そりゃ病気になりやすい年齢にはみんな解約だから、保険料も安くできる。

保険の内容的には「将来涙を流す家族がいるんだろうな」と容易に想像が付く内容だよ。

テレビCMで「電話一本で簡単見積もり」と言っている商品も基本構造は同じ。

このページは転職関係のサイトだけど”転職”も”保険”も根っこは同じだよ。

大切なのは仕組みを知ること。

「プロが言っているから安心」じゃないよ。
「プロが言っているからこそ疑うべきこと」がそこにはあるんだ。

プロとは商売のプロ。あなたの人生設計のプロではない。

あなたの人生設計をするプロは、絶対あなたじゃなきゃいけない。

そう思いませんか?

ちなみに保険は高額商品だと書いたけど、転職も高額商品と同じだと思う。

だって仕事って自分の人生や家族の人生も左右させる行為だと思うわけ。
だからネット上の誰かが言っている「口コミ情報」や「ランキング情報」を安易信じない方が良い。

転職でも同じような例はたくさんあるんだ。

参考:転職サイト・転職エージェントの口コミや評判を信じるな【転職の嘘】

SPONSORED LINK

シェアする