【転職の裏技】実務経験3年以上の応募資格。未経験でも内定を取った経験談

転職の求人欄にある「応募資格」
この欄には「未経験者でも可」「実務経験○年以上」もしくは「○○の資格を有するもの」なんて書いてあるよね。

実務経験が足りないから諦めるしかないか・・・って思っている人もいるんじゃないかな。
この募集要項は必須と書いてあるが、乗り越えられない壁じゃないよって話。

例えば「実務経験5年以上」という応募資格に対して「実務経験3年だけど内定取ったよ」っていうのは、たまに聞く。

しかし自分自身が過去に募集要項「実務経験3年以上」を未経験なのに内定を取ったことがある。

今回はどうやってその内定を取ったのか・・・。
どうやってその行動が出来たのか・・・。

について書いていくよ。

SPONSORED LINK

未経験なのに実務経験3年以上の会社から内定を取るまで・・・

初めて転職したときの話。

それまでは、常用型派遣という会社で働いていた。
常用型派遣っていうのは、ある会社に正社員として入社するが、入社後には別の会社に出向して仕事をする。

なぜその会社に入ったのか?
それは、他に内定をくれる会社がなかったから。

大学時代は奨学金の支払いに迫られて、バイトばっかりだった。

正確にいうと奨学金だけでは学費が足りなかったから、別のところから借りた借金ね。
正規の借金というべきか、なんというか。

そんな状況だったからロクに就職活動もせず、なんとか内定を貰えた会社が常用型派遣会社。

しかし給料は残業しても、手取りで14万という「最低賃金下回ってないか?」と思う会社だった。
(実際には最低賃金は下回ってないが)

3年間仕事したら辞めようと思っていたが、実際には2年半で退職した。
というのも奨学金払ったら、給料の手取り11万円。

ボーナスのほとんどは奨学金に消え、学生時代の貯金50万を食い潰しながら生活していたから、2年半がギリだった。

本当は次の就職先を決めてから退職しようかと思ったが「バイトすれば月に20万は稼げるだろ。いけるな」と思って先に退職した。

その当時は今より求人がない時代。

バイトしていたから生活には困らないが、次の就職先が見当たらなかった。
いや。なんでもいいなら仕事はあったが、ここで妥協してまた元に戻るのは避けたかった。

転職サイト、ハローワーク、求人雑誌は飽きるぐらい見たが、希望の求人のなかに「未経験でOK」な会社はひとつもなかった。

数ヶ月間も求人を見ると転職サイトもハローワークも「新規求人!」って掲載されるけど、同じ求人のたらい回しだったんだよね。(特にその当時は)

そこで思いついたのが「募集要項?実務経験3年以上?関係あるか!」である。

転職はルールを破ることで優位に立てる

「実務経験3年以上」と記載してある求人に、まったく知識がない人が入社できるとも思えない。
ラッキーだったのは、友人が希望する職種に勤めていたこと。

「ひらめいた・・・こいつに教えてもらえばいいじゃん」

そこから本屋に行って関連する本を買い読み込んだ。

金曜日と土曜日は友人の家に行って、本には書いてない実務をいろいろ教えてもらった。
ちょうどお盆休みに入って、友人が長期連休に入ったのもラッキーだった。

やっぱり実務経験者の声はためになる。
本や学問はムダなことが多いが、経験者は「本当に必要な知識がどれか?」を知っている。

「立っている者は、親でも使え」という、ことわざがあるが「希望の職種に勤めている者は、友人でも使え」である。
(語呂わるっ。すまん)

それから3週間後、ハローワークに行って希望の求人に応募した。

ハローワークで求人応募。ハローワークの職員に電話をさせるな!

その当時、ハローワークの仕組みを知らなかった。
今だったら、ハローワークで求人を見つけても自分で電話する。
(自分で電話することはハローワークの職員も「いいよ」って言ってくれる)

その時はハローワークにある求人は、ハローワークを経由しないと応募出来ない?と思っていた。
けど、どうしてもハローワークの職員から会社へ電話してもらうことは避けたかった。

ハローワーク「もしもし。わたくしハローワークの○○と申します。御社の求人を希望している男性がおりまして、お電話しました」

会社「その方は実務経験年数はどれぐらいでしょうか?」

ハローワーク「実務経験はありません」

会社「すいませんが、経験者のみを募集しています」

と、なる予感がしたんだ。

だからハローワークの職員に願い出た。

「すいませんが、会社の担当者が電話に出たら『応募している本人が直接話したい』と言ってい頂けませんか?」と。

最初、その職員は「え?」って顔をしていたが、
「私はこの職種は未経験なのですが、入社を希望したい。だから直接話がしたいです」と説得した。

会社の採用担当との電話が勝負!熱量を伝え採用の土台に乗れ!

ハローワークの職員が電話して、求人を希望している人がいることを会社側に伝えた。

ハローワーク「もしもし。あの~。本人が直接話したいと言っていますが、お電話代わってもよろしいでしょうか?・・・あっはい・・・」

ハローワークの職員が無言で受話器を前に出す。
緊張が走る。が、ここが勝負。

「お電話代わりました○○と申します」から始まり。住所、年齢を伝えた。
実務経験の質問が来る前に、自分から切り出した。

「すいません。実はわたくし実務経験がありません。
求人には実務経験が必要だと記載してあるのは存じています。
けど、どうしても諦めきれずにハローワークの方に、無理を言って電話して頂きました。
もちろん他の応募者よりハンデを背負っていますので、不採用になっても当然だと思っています。
ただ、面接の機会だけでも頂けないでしょうか」

こんな感じで、ゴリ押し。

すると「この業界のことはどれぐらいご存知ですか?」
と質問がきた。

だから「前職を通じて得た知識はありませんが、個人で学べる範囲で、本や同じ業界の友人から学んでおります」
と答えた。

そこからいくつかの質問があったが、基本は頭を下げてお願いするだけ。

最終的には「希望職種の部長に相談してあげるから、履歴書と職務経歴書を送りなさい。だけどあまり期待しないで」と言われた。

ハンディキャップを補うために履歴書や職務経歴書に 「やる気は負けません」とか書く人いるけど、あれは間違いだと思うんだ。

「やる気がある」とは誰でも書けるし誰でも言える。

そう考えたら「やる気があります」という事をその言葉を使わずどうやって伝えるか?が履歴書や職務経歴書のポイントだと思うんだね。

恋愛と一緒だよね。
「愛している」は誰でも言えるよ。
ただ愛していることを伝えるのは難しい。
(ちょっとかっこいいな。おれ!)

必要書類を送付し面接日が決定した。鍵になるのはハッタリ

面接が決まるまでの期間、自分で勉強した。

性懲りもなく、友人の家に通い教えてもらった。
踏めばすぐ割れる薄氷のような知識だけど、それを自分なりに何枚も重ねたつもり。

あとは薄氷のような知識で、どれだけハッタリをかませるかが面接の鍵になると思っていた。

面接が始まった。

自己紹介のような会話から始まり、前職の経験の説明をする。
前職の説明も、希望の職種の共通点を探して説明した。
(違う職種でも前職との「共通点探し」は重要だよ)

すると待ちわびた質問が到来した。

「この仕事は難しいよ。あなたはどの程度知識がありますか?」
正直、この質問がなかったら、どうやって自分から切り出そうか迷っていた。

「私は実務経験はありません。ですが、素人に毛が生えた程度かもしれませんが、全く知らない訳ではありません」から始まり「例えば・・・(友人の受け売りの知識)(おととい本で覚えた知識)(受け売り)(本)ぐらいのことは知っています。」

すると「へー。君は意外と知っているね」が返ってきた。
思わず膝の上にある手で握りこぶしを作った。

そして・・・最後の面接官からの質問。
「うちの会社は経験者しか募集していません。他に入社された方もみんな経験者です。
未経験でやるとなると大変だと思いますが、やる気はありますか?」

その質問は採用のサインでもあった。

ひょっとすると面接官はハッタリに気づいていた?

もしかすると、受け売りの知識や本の知識は面接官には、ハッタリだとバレていたのかもしれない。
今の知識で昔の自分を面接したら、たぶんハッタリだと分かるだろう。

でも、それでいい。

ハッタリとは、イコールやる気なんだよ。
ハッタリというと悪い言葉に感じるけど、虚勢を張るという意味。

面接で虚勢を張れる人は、入社後に待っている苦労を背負う覚悟がある人。

ハッタリや見栄を張れば張るほど、
入社後は「当然、これぐらいはできるだろ?」ってハードルが高くなるからね。
けど、それにビビって転職やめんのか?って話。

臆して一生バイトして暮らすのか?って話。

未経験者が採用を勝ち取るための重要項目はふたつだ!

ひとつは上にも書いたように虚勢を張ること。
転職においては、虚勢はやる気。
やる気は「やる気があります」という言葉では伝わらないよ。

もうひとつは「他人と同じ行動すんな」ってこと。

ハローワークで自分で電話して説得しなかったら、面接にも行けなかったよ。
もしかしたら、履歴書、職務経歴書の送付させてもらえず門前払いだったかも。

いや、きっと門前払いだったよ。

「経験がない」「職歴が短い」「職歴に空白の時間が長い」「学歴が低い」
こんなハンデがあるなら、何か考えないといけない。

良くも悪くも転職には、ルールのような型がある。
それは礼儀という型だったり、常識という型だったり。

ルール通りにやって勝てるのは、高学歴の人や有名企業に勤めている人だけ。

高学歴の人に同じように型を破られたら負けるよ。
けど、高学歴の人は型は破れない。
型を破ることは、そもそもリスクでもある。
それに型を被らなくても勝てるだろうからね。

だから破らないし、破れない。

自分のような転職弱者がルールの上に乗るということは、無策で突撃しているってことなんだって気づいた。

自分が「普通にやっても無理だな」と思えたのは、それだけ追い込まれていたから。
未経験で募集している会社はなかったからダメでもやるしかなかった。

だから後付の理屈になってしまうが、自分たちが思っているルールを破ることで活路は見いだせるものだって分かった。

少しのアイディアと絶対に食い下がらない気持ちだけが武器だったけどなんとかなった。

確実に言えることはダメで元々。どうせダメなら、やらないダメより、やるダメになろうってこと。

おさらい

  • 応募資格に適していないからと言って簡単に諦めんな。ダメ元でいいじゃないか。
  • 転職においてハッタリはやる気である。
  • 人と同じルールで戦っても勝てない立場。だったら型を破るべき。
SPONSORED LINK

シェアする