転職サイトに頼らない!ものづくり系会社の探し方

転職したいけど会社が見つからない。
転職サイトやハローワークの求人を見ても新しい情報はないし。

そんな風に思っている人へ、今回はものづくり会社の探し方を紹介するよ。

転職サイトやハローワークってみんな利用しているんだよね。

利用することが悪いわけではないが、よくよく考えてみてほしい。
それはハローワークも転職サイトもたくさんの人の目に触れるということ。

多くの人の目に触れるということは・・・それだけライバルが存在しているってことなんだ。
もちろんライバルが多く、採用する枠が小さいほど不採用になる確率も上がる。

ってことはだよ。

究極の転職方法とは、誰の目にも触れない求人を見つけだし、ライバル不在の中で内定をもぎ取ること。

実は転職サイトにもハローワークにも求人を出していないが、会社のホームページでこっそり応募しているって会社もある。

これらを見つけ出すのが転職への最短距離だよ。

そのためにはまずは多くの会社名を知らないといけない。
この会社名を調べる難易度は業界によって違う。

一般の人を対象にしている仕事は比較的見つけやすい。
例えば飲食業や美容師の場合は、インターネットで「横浜 美容師」と検索すると山のように会社が出てくる。

見つけにくいのは、企業間でしか取引が行われない業界。
例えばものづくり系とか工場系の仕事。

ものづくり系は世間一般的には無名でも、実は売上が大きい大企業もたくさんある。
企業としては小さいが技術力が高い会社もたくさんある。

SPONSORED LINK

ネットの検索では見つかりにくい会社もある

効率よく探そうとしたらインターネットは欠かせない。

インターネットって当たり前のことだが「千葉 工場」と検索した場合、千葉県の工場を探してくれる訳じゃない。

「千葉」と「工場」という文字を検索するんだよね。
だから「千葉」と「工場」という文字がないが存在しないとヒットされない。

では工場には「○○工場」といった感じに、名前に必ず工場が付くか?と言われたら付かない。

例えば製作所と名付けられていたり。
製鉄所だったり。
横文字が好きな会社はファクトリーと書いてあったり。

そもそも本社と工場が同じ場所にあったら、名前に工場が付かないし。

探すのは会社じゃない。工業団地から探すのが能率的

会社を探すときに手っ取り早いのは工業団地から追っかけること。

市町村は街の税収を確保するために、工業団地を作って企業を誘致する。
その街によって違うけど、助成金が出たり固定資産税の優遇を受けられるから会社は集まるんだよね。

ただ「○○県 工業団地」って検索しても地域によっては、団地名しか分からず会社名まではたどり着けない場合がある。

そういった時はネットの地図を使えば、小さな会社でも見つかるわけ。

中には「あれ?この会社の求人見たこと無いけどホームページ上では募集しているわ・・・」なんて結構あるよ。

もし求人雑誌やネットで公表されてない求人だとしたら、それは競争率が低く内定も取りやすい会社ってこと。

モノづくり系の会社を探している人にはオススメの方法。

ちなみに工業団地が出来る理由は、その街の計画と関係している。
街は働くところがないと人は集まらないし税金も増えない。
だから市や町が区画整理して、企業を誘致しているよ。

だから工業団地を網羅すれば、ほとんどの会社は見つかるはず。

まとめ

  • モノづくり系の会社探しは工業団地を探し、地図をチェックして一覧化しよう。
  • もし一般求人に公表されてないが、ホームページに求人があったら競争率の低い会社。内定の確率も上がる。
SPONSORED LINK

シェアする