退職の時期によってボーナスがもらえないor減額ってマジ?

当たり前の話だが、転職する前には退職しなければならない。

退職するときに頭をよぎるのは「退職の意思を伝えるタイミングによっては、ボーナスって貰もらえない?もしくは減額の可能性があるか?」という問題。

 

ボーナスとは年2回あり一般的には6月と12月。
ボーナス額は会社によって大きく違い、年間で月給の1倍以下の会社もあれば5倍以上の会社もある。

ボーナスがゼロという会社も珍しくはない。

 

職種や業界によって年収は大きく違うが、その差を大きく分けることになるのがボーナス。

ボーナスが年5倍の人は、年で12ヶ月分の月給と5ヶ月のボーナスが足され、合計17ヶ月分の年収になるのだから大きいよね。
例えボーナスが1ヶ月分でもないよりはあった方が嬉しい。

 

そんなボーナスが退職の時期によって、減額やもらえないって可能性はあるのだろうか?
もしそんな事があれば死活問題になる人もいるだろう。

では今回は「退職時期を間違えるとボーナスがもらえなくなるか?」について書いて行くよ。

Sponsored Link
Sponsored Link

弁護士は言う。就業規則に記載があればボーナスはもらえると

最近では弁護士が答えるインターネット掲示板がある。

そこには、こんな質問がある。

質問

退職とボーナスの関係について教えて下さい。
ボーナス時期のちょっと前に退職を告げた場合、ボーナスが貰えないという事はありますか?

回答

就業規則(社内規定)を確認する事をオススメします。
就業規則に「ボーナス支給日に在席している事」と書かれたいた場合、例え有給消化中であっても在席しているとみなされますので支給されます。

お礼

大変勉強になりました。社内のルールを確認してみます。

 

この内容を読んだ感想は「誰に何を聞いとんねん」である。

 

というのも弁護士(男性)の7割以上はサラリーマンではなく独立している。
つまりサラリーマン経験が乏しいのが弁護士という職業。

その辺を歩いているおっさんの方が、サラリーマン歴は長く会社の事情をよく知っている。

 

そしてボーナスを払う法律なんか存在していない。
だから弁護士は「なんとか法には」とは言わずに「就業規則を見ろ」としか言えないんだよ。

そしてもっと重要なこと。

それは「就業規則に明確に記載があり、かつ裁判をすれば支払われるよ」という大きな意味が抜けている。

もし会社が支払う意志がないなら裁判しかない。

 

【実話①】現実の会社を見ろ!ボーナスの1週間前に退職を伝えた友人の話

現実の会社はどうなっているのか?

ここで友人の話を聞いてほしい。

友人は14年間、ある派遣会社に勤めた。
派遣会社といっても正社員で雇用され、そこから別の会社に派遣されている形態の会社。

いわゆる常用型派遣エンジニアと言われる職業。

会社の資本金は7千万円で従業員は300名を超えている。
大手派遣会社と比べたら小さいが、そこそこ大きな規模の会社である。

 

その友人が会社に退職を告げた。

伝えた日は6月4日。
ボーナス日は6月15日。

ボーナス日の9日前に退職を告げたことになる。

退職を告げた日から15日後である6月19日に退職した。
つまりボーナス日の6月15日には在籍していた事になる。

その友人のボーナスは・・・。ゼロである。

 

友人曰く「前の会社って派遣会社の中ではそこそこの規模だよ。それがまさかゼロになるとは思わなかった・・・」である。

しかし友人の会社の就業規則に「退職を伝えてから1ヶ月後」と書かれていて、友人は就業規則違反している。
そしてボーナスに関しても就業規則に「支給日に在籍している者に対して支給する」と記載がある。

つまりお互いが就業規則違反である。

 

とは言っても、裁判をすれば全額かは分からないが、いくらか支払われたであろう。
友人が退職を15日後に区切った理由は、次の転職先が決まっていて入社を迫られていたから。

 

転職は入社直後は覚える事が山積みで、人間関係を構築しなくればならない大変な時期。

そんな時期に自分で裁判所に出廷して争う時間あるのか?
裁判所は土日休みだから平日対応は逃れなれない。

弁護士に頼めば高額な弁護士費用が請求される。

そんなことしたらほとんど手元に残らない。

とても簡単な残業の裁判でも弁護士費用の相場は30万以上だよ。
(残業代を出さないのは明らかな法律違反なので、弁護士などいなくても勝て、誰でもできる裁判)

裁判することにリスクもあり、結局はボーナスはゼロのままになった。

 

【実話②】ボーナスをめちゃくちゃ減額された別の友人

もうひとりの友人の話を聞いてほしい。

その友人は不動産関係の営業マン。
社員数は500人以上であり、資本金は7億円を超える。

大企業に分類される規模の会社である。

この友人が会社に退職を伝えたのは3月初旬。

4月の中旬には退職日を希望を出していたが、大きな仕事があり会社から「もうちょっと退職日を伸ばしてほしい」と言われてた。

友人は大きな仕事が気になっていたのと、ボーナスが貰えるなら、という気持ち半分で5月までは働き6月は有給消化にあてた。

ボーナス日は過ぎてからの退職になる。

 

その会社のボーナス実績からみると30~40万円はもらえるはず。
それがフタを開けたら・・・5万円。

シャパネットたかたもびっくりの価格破壊である。

 

そして・・・これは裁判してもボーナスの残りを満額取り返すのは難しいだろう。

というのも、オレはボーナス倍率に対して計算式を開示している会社を見たことがない。

きっとあなたの会社の就業規則には、こんな感じの言葉あると思う。

「会社の営業成績と各人の勤務成績を勘定して賞与を支給する」と。

つまりは会社の自由なんだよ。

オレのどこが勤務成績が悪かったんだ!と言ったところで引っくり返すのは難しい。

例え優秀な人でも凡ミスはある。
あら探しされたら多くのミスがあるだろう。

そのミスを題材にしたり、会社の期待値と比べられたらと言われたら・・・反論が難しい。

「それでも田中君よりは良かったはずだ!田中君の評価とボーナス額を教えろ」と言っても「個人情報になるので開示できない」と言われるのがオチ。

 

ボーナスの考え方とは?

例えば5月に転職して6月のボーナスを迎えると、ボーナスは満額もらえるのか?
その答えは会社によってはゼロだし、もらえても数万程度になる会社がほとんど。

つまりボーナスは「過去の実績」によって決まり、「これから頑張ってほしい」という意味ではない事が分かる。

そして退職の意思を伝えてからボーナスを迎えると、報酬はゼロになる会社もあるし減額される会社もある。

つまりボーナスは「過去の実績」ではなく、「これから頑張ってほしい」という意味になる。

矛盾。
めちゃくちゃ矛盾。

 

だけどボーナスも退職金についても保護してくれる法律はない。
(だからボーナスがゼロの会社もあるし、退職金がゼロの会社もある。個人と会社の雇用契約がどうなっているかで決まる)

法律で守られているのは給料のみ。

そして「君のボーナスは30万円もらえると思っていたのか。分かった!君のために3万円で裁判を受け持とう!」という弁護士なんかいない。

つまりあなたは自分で身を守る必要がある。

 

ボーナス時期に退職するならボーナス日を過ぎてから

「まさかうちの会社はしっかりしているから」と思っている人はいないだろうか?

そう思っている人に継ぐ。

それは過去に退職者がいて、ボーナスを満額もらったという実績があってのセリフか?
もし実績があり会社の業績が変わってないなら、ある程度信用できる。

しかし退職した人と繋がっている可能性は低いし、その人がボーナス時期に退職した人でなければならない。

そういった知り合いがいない人は、これから言うことを聞いてほしい。

 

ボーナス日が有給消化中であろうが、普通に出勤してしていようが、ボーナス日の前に退職することを伝えたらボーナスがでない会社がある。

退職の意思を会社に伝えるのは、ボーナス日を過ぎて振り込まれた事を確認した後の方が良い。

会社はボランティアでも慈善事業でもない。
お金を稼ぐためにビジネスをしている。

ボーナスを縛る法律はなく、会社はそれを知っている。

そして我々も仕事とはお金を稼ぐために行うもの。
他にやりがいや目的があっても良いが、主の目的は稼ぐこと。

あなたはその目的を忘れてはいけない。
そして会社は目的を忘れていない。

つまり自分の身は自分で守る、そしてボーナスを守るためにはボーナス日を過ぎてから退職の意思を伝えること。

不安な人はこれしかない。

 

おさらい

  • ボーナス前に退職を伝えるともらえない会社、減額される会社は普通にある。
  • ボーナスを守ってくれる法律はない。
  • 仕事の一番の目的は金だ。それは会社も働く人も同じはず。