転職したくても最低3年は我慢が必要なのか?我慢するメリットとデメリット

転職のあるあるの言葉。
「転職したくても最低3年間は我慢した方が良い」

皆さんも親や友人に言われた経験があるんじゃないかな。

世間の声を聞くと二つに分かれ、
「どんな物事でも3年以内に辞めるべきではない」といういう声と反対に
「はぁ?何を基準に3年なの?」という声もある。

おれ自身3年を待たずに転職したこともあるし、3年以上勤めて転職したこともある。

その経験から言うと「本人がデメリットを知っていればどちらでも良い」というのが本音。

同じ職場で3年勤めずに転職するデメリットは良く言われるけど、逆に3年間以上も勤めてしまうデメリットもあると思うのよ。

この両方を天秤にかけて、選択した方が良いよね。

SPONSORED LINK

3年以内に辞めた場合のデメリットを知れ

まずは3年以内に退職した場合のデメリット。
こちらは耳にタコができている人もいるだろう。

  • 3年間の我慢が出来ない人は何事ににも根気がない、と思われる。
  • もともと今の会社への志望の動機が適当だった、と思われる。
  • まだまだ経験不足。戦力にならない、と思われる

大切なのは「と思われる」と言う部分。

本当の事は横に置いといて、ダメなレッテルを張られてしまう。
これって転職に不利になるよね。

「たった3年間も我慢できず転職する人はダメ」と思うことは「古い考え方だなぁ」って思う?

おれは古い考えだと思う。

けど考えてみてくれ。
採用を決めるのは誰なのかを。
採用の合否を決めるのは、年配者の古い人なんだ。

しかも会社って年功序列で、勤続年数が長い人が出世するでしょ?
勤続年数を長くするには、転職なんかしない方が良い。

つまり「転職したくても我慢した人」が「転職したい人」を評価するんだ。
そりゃたった3年も我慢出来ない人は、ダメな人に見えるだろうよ。

この事実は真正面から受け止めなきゃならないよ。

しかも3年以内で辞めた人の中には「根気がなく」「志望動機が適当で」「戦力にならない」人も交じっているのも事実。

いくら「自分には事情がある」と主張してもその声は響かない。

どんな事情があっても3年以内に転職する人は「ダメだと思われる可能性がある」という覚悟が必要になる。

そのリスクを知ったうえで転職を決断した方が良い。

同じ会社に在職し我慢することのデメリットも知れ

次は3年間我慢することのデメリット。
こちらにもデメリットはある。

  • 転職適齢期を過ぎてしまい希望の仕事に転職できない。
  • 時間も、ただただ我慢することもムダ。
  • やる気が出なくなり仕事も覚えられず悪循環を繰り返す。

このデメリットも軽視できないよね。

やる気がない人にやる気を出せと言っても・・・まぁ無理だよね。
それが出来たらやってるって話。

「3年間勤めないとダメだと思われる」というレッテルを外したいが為に我慢することは、結局「時間をムダにして」「仕事を覚えられず」という状態が続く

この状態が続いて転職に有利なわけがない。

それに転職がどうこう言うよりも、もっと大きなデメリットもある。
それは精神的に病んでしまうこと。

身近な人にもいるんだよね。
「我慢しなきゃ次の転職はない」と思い込んで病んでしまう人が。
最悪のケースは自殺に走ったりする人もいるだろう。

精神的に病んでしまったり、自殺を考える人は仕事に対して真面目な人が多い。

仕事なんて所詮は仕事。
仕事における最大の目標は「売上を上げること」「納期を守ること」「ノルマをクリアーすること」じゃない。

ましてや「社会貢献」でも「価値観の想像」でも「環境との調和」でもない。

我々の目標は飯を食うだけのお金を得る事だよ。

この目標さえクリアーすれば、後は付加価値でしかない。
仕事を頑張り続けることは難しくても、飯を食うだけの金を得ることは日本では難しい話じゃない。

「あ。もしかしたら精神的に病んでしまうかも・・・」と思う人は、3年という意味のない数字と捕らわれずに転職した方が良い。

その方がよっぽど有意義な時間の使い方だよ。

3年我慢しようか転職しようか迷っている人へ

3年我慢してから転職することが良いのか?悪いのか?

もし3年間勤められる人は続けることをオススメする。

ただし目標を決めること。

俺の場合は転職を決意した瞬間に目標を決めているよ。
目標は会社が与えた目標でも良いし、自分で決めた目標でも構わない。

俺の場合だったら「後1年で必ず◌◌を覚える」とか「半年で◌◌が出来るようになる」「この会社で◌◌の知識を盗んでやる」という感じの目標。

この目標を設定することで、在席した時間はムダにはならない。

実は転職というのは「自分に自信がない人は採用されない」という事実がある。

転職とは営業販売の仕事と同じなんだよ。
自分自身を商品とする営業の仕事と思えば良い。

営業マンが自信がなさそうに商品を紹介されても買わないでしょ?
逆に裏付けのない自信過剰な人からも買わないでしょ?

自信がありその自信の裏付けがあると感じたときに「この商品って良いものなのかも・・・」と思わせる事が出来るんだ。

この自信を支えるのが、転職の場合は経験や知識だったりする。

「転職は3年我慢した方が良い」の本来の意味とは

「転職は3年我慢した方が良い」という言葉の裏には、「人は3年ぐらい”有意義な”経験を積めば自分に自信が持てる」という意味が込められている。

大切なのはこの「有意義な経験」という部分あり、3年とかいう数字はどうでもいい。

だから「転職は3年間我慢すべきか?」判断の基準は

「自分が今の職場で3年の期間、頑張ったのちに自信が持てるようになっているだろうか?」ってこと。

この質問にYesの人は、ぜひ自信が持てるように頑張ってほしい。
自信は転職への近道。

逆にNoの人は、3年という数字に縛られずに転職の道を模索してほしい。
自信にならない時間をロスしないのも転職への近道。

おさらい

  • 「自信がない転職者は魅力的には見えない」ことを忘れるな
  • 転職には適齢期がある。時間のロスは転職に不利に働く。
  • 時間を無駄にするな。目標設定し克服することで自信になる。
  • 但し、精神的に病むぐらいなら辞めろ。所詮仕事は仕事でしかない。
    人生にとっては笑うことの方が大切。
SPONSORED LINK

シェアする