自己PRに必須。会社はコミュニケーションと協力が大好きだ!

不思議なことに会社は「協力」「協調」「コミュニケーション」に非常に大好きである。

物事にはなんでも好みがあるが、これが嫌いな会社はない。

例えるならカレーライス的な存在。
それが企業にとって「協力」「協調」「コミュニケーション」である。

SPONSORED LINK

会社はなぜそんなに「協力」「協調」「コミュニケーション」が好きなんだ?

あなたの会社で出世が早い人ってどんな感じの人?

  • 打ち合わせ大好き
  • 酒飲み、ゴルフ大好き
  • 仕事の談笑が大好き

例えるならこんな人ではないか?

もちろん仕事のスキルも関係ないとは言わないが、現実として仕事のスキル順で出世している会社を聞いたことがない。

上気で例を上げた出世するタイプは上司から見ると
「チームワークを大切にして、みんなと協力してまとめる能力。つまりコミュニケーション能力が高い人材」という風に見える。

もっとぶっちゃけて言うと上司は、
「おれ、なんもやんなくても楽が出来る。ラッキー」である。

お客様の為にと思って仕事を頑張る人より、上司の為にと思って仕事した方が好まれる人材であり出世が早い。

こんな社会を見て「会社は間違っている」とか「理不尽だ」と嘆いても変わらない。
出世の決定権を持つ上司に利益がある以上はね。

だったら、逆にそれを利用し内定を奪おうではないか。

自己PRで「協力」「協調」「コミュニケーション」をアピールせよ

コミュニケーションのアピール方法はいろいろあるが、

例えばタイトルを「コミュニケーションの重要性」という直結した名前を付けることはオススメしない。

理由は分かりやすくするために例文を。

良くない例。

自己PRの例文:コミュニケーションの重要性

  私は仕事をする上で、大切にしているのはコミュニケーションです。
前職でも取引サイト良好な関係を気付くために、積極的に質問し相手の要望を聞き出し、相手の考えることを察知してすることに心がけていました。

この文章をどう思うか?

この文章はコミュニケーションの重要性を述べているだけで「で?それで何が出来たの?」って取られてしまう。

では、どうすればいいのか?

やっぱり仕事というのは成果や実績。
このコミュニケーションを使って「なんの実績」「なんの成果」を上げたのか?がキモになる。

ここで難しく考えちゃダメ。

前に「自己PRの書き方にフォーマットはない。自分なりの項目を追加せよ」では、落書きをバージョンアップし「課題」「改善方法」「成果」の順番で書くと効果的にアピール出来ると書いた。

簡単ではないけど、絶対誰でも出来る。

今回も要領は同じにして、コミュニケーション能力をアピールするために、もうひとつ項目を追加する。

例えば「課題」「改善方法」「改善過程」「成果」という流れにして「改善過程」の中にはコミュニケーション能力をアピールする文書を盛り込む。

コミュニケーション能力というか「コミュニケーションで仕事がうまく行ったぜ!」って感じで。

まずはコミュニケーションをアピールする文書を入れる前。

「業務改善による効率化」

 (課題)
営業の業務の中で私が特に力を入れていたのは、顧客名簿の一元管理化です。
入社した当初は顧客名簿が個人で管理されていたため、重複や記入もれがあり、効率を悪化させる要因となっていました。

(改善方法)
そこで私は一元管理で目指し、社員全員の顧客名簿リストを作成し、社内ネットワークのサーバーで管理することを行いました。今まで進捗状況は日報で管理していましたが、顧客名簿で管理を行うことによりいつ、誰が見ても現在の進捗や遅延状況が分かるように改善を行いました。

(成果)
結果、業務の効率向上だけではなく、同僚が休暇を取った場合はお互いの業務をフォロー出来る仕組みとなりました。実際にお客様から「対応が早くなった」という声を頂き、顧客満足度に寄与することが出来たと自負しています。

これがベース。
この自己PRにコミュニケーションのアピールを忍ばせるため「改善過程(プロセス)」を追加した文章にしてみよう。

じゃ早速。

「業務改善による効率化」

 (課題)
営業の業務の中で私が特に力を入れていたのは、顧客名簿の一元管理化です。
入社した当初は顧客名簿が個人で管理されていたため、重複や記入もれがあり、効率を悪化させる要因となっていました。

(改善方法)
そこで私は一元管理で目指し、社員全員の顧客名簿リストを作成し、社内ネットワークのサーバーで管理することを行いました。
今まで進捗状況は日報で管理していましたが、顧客名簿で管理を行うことによりいつ、誰が見ても現在の進捗や遅延状況が分かるように改善を行いました。

(改善過程)
顧客名簿リストで特に気を付けたことは、自分たちが見やすく使いやすいものに仕上げることです。そのために上司へ個別相談や部署内でグループミーティングを行うことで、職場全員の力を借りることができ、より良いものになりました。

私一人では分からなかった気付き・発想を盛り込むことで、実際に使う自分たちが役立つと思えるツールになりました。

(成果)
結果、業務の効率向上だけではなく、同僚が休暇を取った場合はお互いの業務をフォロー出来る仕組みとなりました。実際にお客様から「対応が早くなった」という声を頂き、顧客満足度に寄与することが出来たと自負しています。

こんな感じだろうか。
「顧客名簿リストで特に気を付けたことは~」が追加した文。

書き方としてはコミュニケーションという言葉をあえて使わない。
タイトルにもコミュニケーションっぽい名前を付けない。

関係ないタイトルでまったく別のアピールしていると思わせて、実はコミュニケーションの事もこっそりアピールするのがコツ。

「みんなに協力を持ち掛けて、良い物が出来たよ」って感じの文書にするだけで、十分コミュニケーションのアピールになる。

但しひとつだけ注意。
転職においてコミュニケーション能力のアピールは伝家の宝刀。
あんまり沢山使うと、あからさまになる。

だからここは特にアピールしたいんだって項目に盛り込む方がいいよ。

「協力」「協調」「コミュニケーション」のアピール方法まとめ

  • 会社は「協力」「協調」「コミュニケーション」が大好き。自己PRに盛り込むべし。
  • コミュニケーションをアピールしたいと思ってタイトルを付けると、コミュニケーションの重要性を言ってるだけの文章になりがち。別のアピールする項目に忍ばせるべし。
  • 自己PRは「課題」「改善方法」「成果」の順番で書き、途中に「改善過程」を入れてコミュニケーション能力を忍ばせよ。

コミュニケーションを乱用すると、うそっぽくなる。ここぞ!というアピール項目に使うべし。

SPONSORED LINK

シェアする