職務経歴書は自慢を書くところじゃない。30歳以上の転職は気をつけろ

30代にもなれば業務のほとんどは一人で回せるし、色んな経験を積み重ねた年齢。
体力もあるし仕事を一番抱えているのが、この年齢層になるよね。

新人教育や後輩のめんどうをみている人も多いと思う。

そう。あぶらの乗った世代。

職務経歴書を書こうと思ったら、結構なボリュームになる。

30代で「書けないよ・・・」って人は過去を思い出せないか、表現の仕方が分からないだけだと思う。

SPONSORED LINK

おれの失敗体験。とくにかく職務経歴書でアピールしまくった

おれは34歳で転職しようとした。

転職するにはちょっと厳しくなってくる年齢って感じていたんだ。

年齢をカバーするために、より一層経験のアピールが必要とおもったおれは、
まず自分がやってきた仕事を一覧にした。

その中から「これはいいアピールになりそうだ」ってものをピックアップ。
そこからもちろん表現もカッコ良く変えていくわけだ。

「あんなことも出来ますぜー」「こんなことも出来ますぜー」って、
とくかに職務経歴書でアピールしまくった。

自分の中ではもうコレ以上書きようがないって思えるぐらい。

結果は・・・。

4社連続で書類選考落ち。

4枚の「ご応募ありがとうございます。今回は残念ながら・・・」って手紙。
へこんだよ。

というのも、やりたい仕事の目標が明確になっていたから、ターゲットになる会社数が少ないは知っていたら。

崖っぷち状態よ。

しかも、その時は仕事しながら転職しようとしていたから、4社応募するのに半年以上は経っていた。

それぐらい会社選びも時間をかけたし、書類も一社一社アピールするポイントを書き換えて、渾身一発を打っていたつもり。

4社連続で面接すらさせてもらえない状態。

「何かがおかしい」

で、おれは友達数人に作った書類を見てくれって頼んだんだ。

けど、心のどこかではまだ「おまえの書類完璧だな」って言われると思っていた。
友達からの反応は「こんな仕事出来る奴とは、一緒に働きたくないかな」だった。

一瞬にして目が覚めた。タライが頭から落ちた気分。

なぜ失敗したのか?

そう。おれは必死に自分の能力をアピール出来れば受かると思っていた。
けど違ったんだ。

考えてもみてよ。

例えが極端だけど、ソフトバンクの孫さんがあなたの会社に給料20万で働きたいって言われたらどうする?

たぶんあれだけすごい人は、利益はめちゃくちゃ上げるんだろうよ。
けど「そんなこともしらないの?」とか「なんでそんなに能率悪いの?」とか、おれのこと見て思うよね?(笑)

怖くて採用できねーよ。

当然、おれは孫さんみたいな人には足元にも及ばないけど、おれが必死でアピールしまくった職務経歴書は「あつかいにくい人間」「可愛くない人間」だったんだ。

そこからおれはゼロから書き直した。
「こんな実績ある出来るおれみてよ」から「おれの努力だけではなく、周りの人の協力によって成し遂げられた」って。

つまり「コミュニケーション」と「調和」を大切にしまっせって。

まぁ運もあるかもしれないけど、次の会社は受かったよ。

大切なのは採用する側の目線

一体どういう人が欲しいのかっていうのが重要だよね。
それは相手の立場によって変わると思う。

あなたが10人以下の会社の創業者だったら?
あなたが50人ぐらいの2代目社長だったら?
あなたがバリバリ働く1000人以上の部長の立場だったら?
あなたがやる気のない面倒くさがりな部長だったら?

これだけでも「どんな人材が欲しいか」は大きな差があると思うんだ。

まとめ

  • キャリアを積んだ人はアピール仕方に気をつけろ。扱いにくい人間と思われるな。
  • 大切なのは採用する側の目線に立つこと。
SPONSORED LINK

シェアする