転職で同時に複数応募するメリットとデメリットを知れ!

皆さんは転職先へ応募するとき、一度に複数の会社を同時に応募していますか?
それとも一社づつ応募するようにしていますか?

今回は複数の会社へ同時に応募するメリットとデメリットについて。
どちらの方が良いか考えて行こう。

SPONSORED LINK

同時に複数の会社へ応募するメリットは?期間の短縮することが出来る!

同時に複数の会社へ応募するメリット。
最初に思い浮かぶのが転職期間の短縮。

転職って書類作成から応募、そして面接を受けて採用・不採用通知まで約一カ月。
会社によっては二次面接もあり、その場合は1カ月以上になる。

それを一社づつ応募していたら、5社受けるのに5カ月になる。

では10社に応募したら?
当然、10カ月の期間を要する。

これではいつになったら転職できるのやら。

では一気に5社に応募したらどうなる?
5社の結果が1カ月で分かる。

つまり圧倒的な時間の短縮となる。

同時に複数の会社へ応募するメリットは?まとめて書類作成できて簡単♪

転職で一番面倒な作業。
それは履歴書と職務経歴書を作ること。

多くの会社はまず初めに書類選考を行う。
その後に面接という関門が待っている。

いくら面接に自信があり、やる気があっても書類選考が通らないと意味がない。
だからこそ履歴書、特に職務経歴書には力を使ってしまう。

それを同時に複数の会社に応募したらどうだろうか?

一気に応募するなら、まとめて作成が可能になる。
郵送する手間も一括で完了する。

一社、一社に応募するのに対して作業ロスが少ない。
これってとっても効率的!

・・・。

・・・・。

・・・・・。

すまん。
ウソを付いた。

なんか無理やり書いている自分に嫌気が刺したよ。

はっきり言おう!
「同時に複数の会社へ応募することはデメリットだらけ」です。

皆さんの中で一度に複数の会社へ応募した方が良い、と思っている人がいたら続きを読んでくれ。

同時に複数の会社へ応募するデメリット。社長の立場になって考えよう。

あなたはある会社の社長さんです。
会社は順調な時ばかりではなく、山あり谷ありでした。
やっとの想いで会社を大きくしたので、会社に対する愛着があります。

そこに2人の採用希望者が現れました。

ひとりはあなたの会社のみ希望している人。
もうひとりはあなたの会社とは別に3社へ応募している人。

ここで問題です。
採用したいのはどちらですか?

同時に複数の会社へ応募するデメリット。面接管の立場になって考えよう。

あなたは今の会社に勤めて25年。
面接官として採用の決定権を任される責任者になりました。

ある一人の男性が転職を希望し、前職の職歴がマッチしていたので採用を決意します。

職歴がマッチしていても会社によってやり方が違います。
もちろん教育するための時間と人が必要になります。

そこであなたは実務で第一線でこなせる人、そして面倒見が良い人を探して教育担当者にしました。
しかし仕事が出来る人を教育担当にしたため実務が回らなくなり、あなたの残業は増加します。

半年が経つと・・・採用した人は退職してしまったのです。
今まで教えてきた教育期間が無駄になりました。

社長に呼び出され「なぜ半年で辞めることになったのか?」と問われます。

そんなときに2人の採用希望者が現れました。

ひとりはあなたの会社のみ希望している人。
もうひとりはあなたの会社とは別に3社へ応募している人。

ここで問題です。
採用したいのはどちらですか?

あなたの採用決定権があるのは社長・もしくは責任者だ!

ここまで2つの問題を出させてもらった。
皆さんは回答はどうだったでしょうか?

普通の感覚であれば「あなたの会社のみ希望している人」を採用すると答えたと思う。

面接や採用決定するのは、会社の社長か責任ある立場のサラリーマンかどちらかだよね。

社長は自分の会社に愛着がある。
教育して辞められたら、痛むのは自分の懐事情。

サラリーマンの面接官であっても決定権をもらうことは、責任を取らされる立場ってこと。
責任を問われる危険なことはしたくないはずだよね。

そうなんだ。
複数の会社へ同時に応募する行為は、採用されにくい立場になってしまう。

上に「同時に複数の会社へ応募すると転職期間の短縮になる」って書いたけど、それは採用率が一定の場合のみの話。

採用される確率を落とすんじゃ意味がない。
それに「どんな会社でも受かれば良い」なんて考えてないでしょ?

転職したい会社は無制限じゃない

もし「転職出来ればどこでも良い」と思う人がいれば、一気に何十社も同時に応募した方がいい。
例えばリストラになり、貯金が底を尽きるのであれば仕方がない。

そういう立場の人もいるだろう。

事実として”下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”というのは転職においても本当。
でも、あなたが望むような会社は玉数が決まってないか?

きっと玉が無制限にある状態じゃないはずだ。

そもそも転職する理由はなにか?
多くの人はやりたい事があったり、現状を変えたくて転職すんじゃないのか?

転職はマシンガンではなく、狙いを定めた企業をスナイパーのように狙撃銃で狙うべきなんだ。

それは企業側にとっても嬉しい望むべき人材だよ。
更に皆さんの事だけを想って言えば、面接では「御社しか応募していない」と言うべきだと思っているよ。
その辺の詳細は面接の質問「当社以外に応募している企業はありますか?を攻略せよ」を攻略せよ」を読んでみてくれ。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

シェアする