転職者は注意!職業の名前がカタカナに変化する理由

コンビニや本屋に行くと置いてある無料求人雑誌。

時間があるときは、どんな求人があるか手に取ってしまう。
転職を考えてないときでも読んでしまう。

これってちょっとした病気だよね。

でも、長年読んでいるとそれだけで、世間の動きが分かることがある。

最近、気になったのは職業の名前。
この職業ってどんな仕事か分からない名前の仕事が増えてきている。

今回は「よく名前が変わる職種があるけど、あれってなんなの?」って話。

SPONSORED LINK

求人雑誌を見てるとよく分かる。職業がカタカナ化されていく

職種の名前が変わる、よくある例としては漢字からカタカナになっていく。
「なんの仕事だ?」と思う職業がいっぱいあるんだ。

最近見た例は

  • ハウスキーパー=家政婦
  • テレホンオペレーター=電話番。もしくは電話で押し売り
  • トリマー=犬猫の床屋
  • フロアスタッフ=飲み屋のお姉さん
  • ホームペルパー=老人介護
  • アウトソーシング=人材派遣
  • パーラースタップ=パチンコ屋
  • ヘアメイクアーティスト=美容師
  • ケータリングスタッフ=出前
  • スーパーバイザー=たぶん怪しい仕事
  • クリエイティブアドバイザー=たぶんツヤ無しのブラック職業

特にクリエイティブアドバイザーの求人はひどかった。
その求人見てもなんの仕事かさっぱり分からん。
給与は25万円以上で、雑誌の中に書かれている先輩談では入社2年で35万円になるらしい。

一体、何を作っている人にアドバイスをすればそんなに儲かるのか。。。
貰えるのはアドバイス料だけなんだろう・・・。

しかも求人の端っこにこんなマークがあるんだよ。

未経験者

これって未経験でもいいよってマークだよね?
未経験者がアドバイスってどんな職種なんだよ!

ひとつだけ分かったことがある。
アドバイスされる側は地獄だ。

なぜ職業の名前を変えたがるのか?

名前を変えるのはやっぱり目的があるってことだよね。
それは、その職業のイメージアップがしたいから。

上に並べた職業は、何かの理由によって、求人を出しても人が来ないってことなんだ。
それは給与が安いのか、休みが少ないのか、世間体が良くないのか、辛いイメージが付いているとか。

結局は求人も商品と一緒なんだよ。
生産が増えて物か余れば安くなり、物が少ないと高くなる。
今じゃあえて生産を抑えて「プレミア」という名前で強引に売っているよね。

求人も同じで、人が集まれば給料は下がるし、集まらないと高くなる。
だから人気の職業ほど給与は低いんだ。

よく3K の仕事って言われるよね。
危険、きつい、汚い仕事って意味だけど、危険な仕事だから給料が高いのではなく、人が集まらないから給料を高くせざる得ないんだ。

供給不足ってこと。

その供給を高めるには、給与上げればいいのは経営者も当然、承知している。
けど一度採用したら、なかなか解雇ができない現状では、「経営が傾いたらどうする?」って言うのは頭から離れない。

で、リスクなしで出来る策が、名前変更によるイメージアップ大作戦。

その為に職種の名前を変えるわけ。

学校も需要と供給のバランスを崩している原因

流行りやブームってやつのせいで、一部の職業は悲惨なことになっている。

15年ぐらい前にカリスマ美容師ってのか流行ったんだ。
「あのモデルも通うカリスマ美容師!」てね。
当時は女性の髪の毛を宙に浮かせながらカミソリで削ぐという、大道芸人のような美容師がテレビで特集されてたよ。

カッコいいと思った人が多く、そこに火に油を注いたのは専門学校。
多くの専門学校が開校したんだ。

学校は慈善事業じゃない、ビジネスなんだよね。
儲かると思ったら、目の色変えるよ。
その職業の需要供給バランスや生徒の将来なんてお構いなし。

そのブームの被害を食うことになったのは、今の30代前半から40代前後の世代。

友人にも美容師の専門学校行った奴が多い。
当時でさえ、けして給料が高い業界ではなかったよ。
多くの人は就職できない。
出来ても需要と供給のバランスを崩壊しているから、買い叩かれ給料は低く生活は厳しい。

今では飯が食えず、子供の為に1人はコジマ電機、もう1人はスーパーマーケットに転職したよ。

上の世代のしくじりを下の世代はちゃんと見ているだろう。
今じゃ美容室の専門学校が減少しているよ。
専門学校自体が需要と供給のバランスを見失ったんだろう。
何をやってんだか。

仕事を選ぶときは「流行った業界は供給が過多になり、必ず買い叩かれる」
これを忘れちゃ駄目だよ。

人材の供給過多の影響で値崩れも起きる

友人のように美容師から転職する人もいれば、続ける人もいる。
今では美容室や床屋がでっかい看板掲げて「カット1500円!」って見かけるんだ。
皆さんの地域も同じかな?

昔では考えられなよ。
美容室は寿司と同じで中に入るまで、価格は分からなかった。
床屋は地域でグループ作って、自分達で価格を決め競争しないようにしていた。

今は格安な美容室があるのは、人材の供給が増えたおかげなんだよね。
「飯を食うためには綺麗事言ってらんねー」という人も増えて価格破壊したんだよ。

美容師の人数増えても、髪切る人の数は変わらないからね。
いや。少子化で減ってるぐらいか。

利用する側にとっては安いことは有り難いことだが、皆さんは仕事選びをちゃんと考えてくれ。

キツイ職業は仕事内容がキツイから、給料が高いわけじゃない。
キツイ職業は人が供給されないから、給料が高いんだ。

今はブーム化している職業。トリマーが来たかな?

ペットブームに乗っかってペットショップもトリマーも増えたよね。
トリマーって犬や猫の床屋さんね。

特に犬は科学の発達と人間のエゴのせいで小型化されちまったよ。
おもちゃじゃないんだから、やりすぎだよね。

動物を愛してる人は、その動物が亡くなった後の行動は、まっぷたつに分かれる。
「悲しい想いをするぐらいなら二度と買わない人」「寂しくてまた飼う人」

今は小型化されたワンちゃんが珍しくて飼う人もいるけど、ずっとは続かないだろうよ。

ところがペットトリマー・エスティシャン専門学校というカタカナ名前の学校が登場している。

今はワンちゃんカット代が5000円~8000円ぐらいかな。
結構高いよね。
けど、人気の職業だから給料は上がらない。
雇われてたら飯が食えずに、独立して競争が激化して価格破壊。

まさに、いつか来た道。

そもそもブームで職業を選ぶな

学生のころ流行った漫画はスラムダンク。
バスケット漫画で人気があったんだ。
多くの学生はバスケット部に入部して、バスケット部じゃない人も自分の部活の合間にバスケ。
そんな時代だった。
その前はキャプテン翼。サッカー部が人気になった。
今は軽音楽部かな?それも、もう古いのかな?

部活だったらいいだ。気軽に選んでも。
けど、仕事は3年やったら終わりじゃないだろ?
なんでも流行りに乗り安易に職業を決めると、専門学校がよだれを垂らしてあなたを見ているかもよ。
見渡してごらん。

まとめ

  • 名前が変わる職業は人が集まらない理由がある。
  • 給料は人材の需要と供給のバランスによって決まる。
  • 流行りの仕事には飛びつくな。先を見る目を養え。
SPONSORED LINK

シェアする