転職の仕事探し。ハローワークも見逃すな!意外ともらえる良い情報

大手企業を狙っている人はハローワークに行ってもほとんど求人はないかな。
大手は自社のWEBサイトを使って募集するところが多い。あと転職サイトね。

ただ企業側の目線からすると、自社のWEBサイトで募集するのも転職サイトを利用するのもデメリットがあるんだ。

前に勤めていた会社ではWEBページで募集したら1ヶ月で40人の応募があったらしい。
総務の人はパニック状態だったよ。

なんせ40人分の書類に目を通して、適合している部署に持って行って面接の日時を調整するわけだからね。
もちろん全員に面接するわけじゃないけど大変だよね。

やっぱりインターネットでは、「受かったら考えればいいか」なんて思う人が多くて気軽に応募しているだと思う。
本気で転職しようとする人もいれば、遊び半分とまでは言わないけど気軽に応募してくる人もいる。

一生懸命に書類選考して面接日を連絡したら直前で辞退。

面接して採用するって連絡したら辞退・・・。

採用になった現実が来て、初めてよく考え直す人もいるよね。
内定だしても半分は断られる会社もあるらしい。

これって企業から見ればムダ。

自社のホームページ上では募集しないでハローワークで募集しているところもある。

SPONSORED LINK

求人を探しているなら、一週間に1回はハローワークに行った方がいい

ちなみにおれの場合は週に2回は通ったかな。
理由はもちろんメリットがあると思ったから。

ハローワークってインターネット上でも求人が見れる。
そこで気に入った企業があれば応募するって流れでもいい。

けど、インターネットに掲載される前に、直接ハローワークに行くと先に求人が出ている。
インターネットに掲載されるまでにちょっと時間が経ってからになる。

募集人数が5人以上いれば、とりあえず時間との勝負はあまり関係ないけど1人~2人って会社もある。

そうなったらもう時間との勝負。
最初の1人が面接して、「あ。悪くないなって」って思ったら採用だよ。
最初の1人目を不採用にして、その後いい人がずっと来なかったらそれだけ手間作業になるだけ。

採用結果を出すまで多くは1~2週間程度。
その間に2人目の面接があったら採用者も迷うだろうけど、転職者って会社に勤めている人も多いからそんなにスムーズに面接日が決まらないケースもあるんだ。

要はスピードも重要だから、ハローワークに行ったほうが早く情報が得られる分、有利に進められるってわけ。

実はハローワークの人は色々教えてくれる。

みんなハローワークに行っても、パソコンで求人見て求人を印刷して帰っちゃう人が多いんだよね。
あれってもったいないよ。

興味がある求人があったら、話だけ聞かせてもらいたいってお願いするといいよ。

で、情報を聞き出すんだ。

  • この求人はいつから募集しているのか?
  • 今現在で応募した人数と採用になった人数はどれぐらいいるのか?
  • 採用された人や応募中の人ははどういった経歴なのか?
  • この企業が以前に募集したときに、ハローワークの紹介でどれぐらいの人が採用になったのか?

これって重要な情報じゃない?
悩んでいることを伝えてると、ちゃんと教えてくれるよ。

あとハローワークは空求人もあるから気をつけて。
ハローワークには費用がかからないから、とりあえず掲載してある会社もあるから。

そういう情報もハローワークの人に聞けば教えてくれるよ。

まとめ

  • ハローワークは早いもん勝ちがあるから通った方がいい。
  • 良い求人があったら、ハローワークの人に情報を貰うこと。意外と「そんなことも教えてくれるの?」って情報が出てくるよ。

転職に頑張っているみなさんへ

ハローワークは古いとか思っているかもしれないけど、そういう人が多ければその分、穴場ってこと。
土曜日もやっているところや夜の7時までってところがあるから、穴場を探して頑張って。

土曜日やってるハローワーク一覧
はここにあるから見てくれ。
お役所仕事か?と思ったら意外と土曜日開いているところが多いよ。
これって厚生労働省のHPにあるやつと同じ内容。
ただ厚生労働省がPDFファイルをそのままインターネットにアップロードしただけ。
すげー見づらいし使いにくい!
その辺はしょせんお役所仕事だよね・・・。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

シェアする