市販の履歴書。使いやすいフォーマットを探せ!

今は本屋さんに行かなくても、コンビニで履歴書を取り扱っている時代。
履歴書が置いてないコンビニを探す方が大変なぐらい。

だけどコンビニには一種類か二種類しか置いてないから選ぶことが出来ないよね。
小さい本屋も大した品数がない。

履歴書ってどれでも同じでしょ?っと思ったら、結構種類があるんだよ。
どんな履歴書を選ぶか?って結構、重要なこと。

書きやすいものと書きにくいものがあるんだよね。

今はインターネットがあるから便利。
アマゾンや楽天に行くと、すべての履歴書が揃っている。

けど、アマゾンも楽天も履歴書は見づらい。
買わせる気があるのか?って思うだよね。
見本を見せてくれるんだけど、画像が小さすぎて何が書いてあるのか読めない。

なんかオススメってないのか?っていう人に向けて、代表的なタイプを紹介するよ。

SPONSORED LINK

履歴書には多くのフォーマットが存在する

履歴書にはさまざまなフォーマットがある。
履歴書は見開きになって左側はどのフォーマットも大差がない。

多くはこんな感じで、「名前」「住所」「生年月日」「証明写真」「電話番号」がある。
それと、印鑑ね。
その下に学歴と職歴が続く。

フォーマットによって大きく違うのは、見開きの右側。

タイプ①。内容が盛り沢山な履歴書はこれ

まずは盛り沢山な履歴書を紹介。

履歴書タイプ1
タイプ①コクヨ 履歴書用紙
(アマゾンへのリンク)

画像が汚くてすまん。家にぶんながっている履歴書の写真だから元がキレイじゃないのよ。
画像をクリックすると、ちょっと大きくなるよ。

この履歴書の特徴は項目が多い。
免許・資格のその下に

  • 得意な科目・分野
  • 自覚している性格
  • スポーツ・クラブ活動・文化活動などの体験から得たもの
  • 特技・アピールポイント
  • 志望の動機
    になっている。

ちなみにおれだったら、これは買わない履歴書。
というか、買ってから失敗したなぁって思ったよ。
なぜなら。。。

「得意な科目・分野」は不要だ

この履歴書でいらないと思うのは「得意な科目・分野」
履歴書によっては「好きな学科」という名前になっている。

これを記入することで、採用に近づくのであれば、頑張って書くべきだ。

けどな。例えば「数学」って書いたとするよ。
「ほう。この人は数学が得意なんだ。じゃ、うちの会社で通用するな」って思われるか?

数学がその会社で通用するなら新卒を採用するよ。
こういった項目は転職者にとっては、まったく意味のない項目。

「え?私は英語話せるけど、アピールできるんじゃない?」って人もいるだろう。
確かに英語は仕事の有利に働くことが多い。
不動産屋でも外国人が来ることもあるだろう。
飲食店でも外国人を接客出来た方がいい。

けど・・・。
それだけアピール出来ることがある人は、迷わず自己PRに書いた方良い!

「得意な科目・分野」 「好きな学科」がある履歴書は、転職者用ではなく学生用なんだ。
学生は学問をアピールポイントにするしかないからねぇ。

残念ながら「得意な科目・分野」の項目がない履歴書は数少ない。

スポーツ・クラブ活動もアピールできない項目

もっとアピールするのに苦しいのが、スポーツ・クラブ活動の項目。

この項目はアピールしようとしても限界がある。
皆さんはどんな感じで書いているかな?

面接する側で履歴書を見てきて一番多いのは、こんな感じ。

「スポーツ・クラブ活動」の例文

私は6年間バスケットの部活をしており、高校時代は県大会でベスト4になりました。

ただ単に自分のスポーツの実績が書いてあるパターンが一番多い。

面接する側からすると「で?」ってなる。
「それと仕事がどう関係すんの?」って。

部活で華々しい経歴があっても、それがアピールになるか?っと言ったら疑問だよ。

もちろん仕事に結びつけて書いてくる人もいる。
そうするとこんな感じになる。

「スポーツ・クラブ活動」の例文

 私はバスケットボールを6年間続け高校時代には県でベスト4まで行きました。そこで学んだ事は、コミュニケーションの大切さです。チームメイトの話を聞き、ときには自分を主張することでチームワークを向上させることが出来ました。
仕事においてもコミュニケーションを大切にすることで、御社に寄与出来るように努めたいと考えています。

このスペースで無理やり詰め込み、仕事に結びつけようとすると、こんなもん。

頑張って小さな文字で綺麗に書いても、これが大きなアピールポイントになるとは思えんよ。
というか、無理やりすぎてウソくさくない?

コミュニケーションの重要性を述べたいのであれば、わざわざスポーツを題材にせずに、前職(仕事)から直結させた方がいい。

「スポーツ・クラブ活動」に単純に部活の経歴を書いてもアピールならない。
かと言って、仕事に結び付けたら嘘くさく見える。

なぜアピールしにくい項目があるかっていうと、職歴がない学生は学業でしかアピールできないから。
これも学生用の履歴書なんだよね。

タイプ②。項目は少ないが広めのスペースがある履歴書

次の履歴書はこれ。

履歴書タイプ2

タイプ②コクヨ 履歴書用紙

免許・資格の下には

  • 志望の動機
  • スポーツ・クラブ活動・文化活動などの体験から得たもの
  • 特技など

これもイマイチなんだよね。
この履歴書には「得意な学科」の項目はないが、スポーツの項目が健在。

その他にもイマイチな部分がある。それは・・・。

志望の動機が広い履歴書は逆に使いにくい

この履歴書は項目が減っている分、横長で長文が描けるようになっている。
長文って言っても限界があって、普通の文字で書いたら4行ぐらいだろう。

その4行という縛りの中で、文章を組み立てなければならない。
このハンディキャップってわざわざ背負う必要あるかな?

読み手側に分かりやすく簡潔な文章にした方が良いが、それでアピール不足になったら元も子もない。

だから履歴書書くときはこんな風にしている。

「職務経歴書に志望の動機を記載しましたので参照願います」
これだけ。

けど、スペースが広い所にこの文字数しか書かないとスッカスカになるんだよ。
これは気持ちの問題なんだけど、スッカスカな書類って見栄えが良くないよ。

だからあまりオススメはしない。

タイプ③。項目がひとつでコンパクトな履歴書

次に紹介するのはこれ。

履歴書タイプ3
タイプ③コクヨ 履歴書用紙

この履歴書の項目は4つ。

  • 志望の動機
  • 特技
  • 好きな学科
  • アピールポイント
    がひとつの項目にまとまってスペースは小さめ。

この小さなスペースに4つの項目をアピールしながら書くことは不可能。

重要な「志望の動機」と「アピールポイント」は、別紙参照にして、「特技」と「好きな学科」をさらっと書けばいいだけ。

特技って色んな履歴書見たけど、無い履歴書ってないんじゃないかな?
特技の項目は難しいけど、何かしらアピールとなることを書いた方がいい。

特技に関しては履歴書に特技や趣味ってあるけど、なんでもいいよね?で書いたから、よかったら読んでみて。

タイプ④。書き込むフリースペースがタイプ3より小さい履歴書。

次はタイプ3の更に進化系というのか退化系と呼ぶべきなのか?

履歴書タイプ4

タイプ④ナカバヤシ 履歴書

これは自由に書き込むスペースが更に少ない。
アピールにならない項目に時間掛けたくない人はオススメ。

個人的にいつも選ぶのはタイプ③かタイプ④。

転職に必要なのは的確にアピールすること。

転職は商売と近いところがあって、需要に対して供給できればOKなんだよね。
それには目指す会社の需要(欲しがる人材)を察知して、的確にアピールするチカラも必要なんだよね。

時間は無限じゃなくて有限。
アピールにならない項目に時間をかけても、能率が悪いんだよね。

そう考えたら自分にあった履歴書の選び方も大切だよ。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

シェアする