30代後半はなぜ転職は難しいのか?を理解し成功への活路を探せ

30代半ばから40代になると転職は厳しくなると言われる。
読んでいる人の中にも、転職活動中で苦労している人もいるだろう。

自分が最後に転職したのは35歳。
その前は28歳のときに転職した。

20代後半と35歳の自分を比べると経験も知識も増えた、と思っていた。

そして「28歳のときに上手く転職できた。35歳になり更にスキルアップした自分なら問題ない」

そう思っていた。

自分がいざ転職するまでは・・・。

35歳という年齢は転職において、キーポイントになる。

それは求人数も減り、求めなれる事が違ってくる。

これが理解できなかった。

だから20代後半には味わったことのがない転職の厳しさを肌で感じたよ。

では、どのように対策すれば採用確率が上がるのだろうか?

SPONSORED LINK

35歳から転職するなら現実から目を反らすな。急激に減る求人数

35歳という年齢は応募できる求人数が減る。

実際に募集条件を見てみると「35歳まで」という制限がダントツに多い。

リクナビNEXTという転職サイトには下記のようなグラフがある。

上記のグラフは「ソフトウェア系」と「電気・電子・機械」の2業種の調査だが、年齢制限は何歳が多いか?をグラフにしたものだが、役45%の求人が「35歳まで」で区切られている。

つまり35歳以上は約半数の求人を失うことになる。

しかし考え方を変えれば「35歳を超えても半分の会社には採用される窓口は開いている」とも言い換えできる。

この数字を見て自分は楽観視したわけ。

しかし現実は甘くない。
そこには裏の事情がある・・・。

年齢制限が書いてないだけの求人は山のようにある!

年齢制限が特に書かれていない求人がある。

そういった会社は例え40歳でも50歳でも採用されるのか?と問われれば答えは「No」。

会社には事情があり「転職者に対して年齢で縛る」という行為ができなくなってきている。

その事情とは雇用対策法という法律が絡む。

ー雇用対策法10条(面倒だから読まなくてもOK)ー

事業主は、労働者がその有する能力を有効に発揮するために必要であると認められるときとして厚生労働省令で定めるときは、労働者の募集及び採用について、厚生労働省令で定めるところにより、その年齢にかかわりなく均等な機会を与えなければならない。

平成19年(2007年)10月1日に施行

 

簡単に説明すると「求人募集で年齢の差別すんな、だから生活保護費が増えて財政がヤバイんだろうが」と言っている。

けどこの法には「例外を認めている」から意味のない法律になっている。

その例外とは

雇用対策法の例外(これも面倒だから読まなくてもOK)

長期間の継続勤務による職務に必要な能力の開発及び向上を図ることを目的として、青少年その他特定の年齢を下回る労働者の募集及び採用を行うとき

これを簡単に説明すると「正社員の募集で長年働くことによってスキルアップする職業は年齢制限があってもしょうがないよね」と言ってる。

長く働くことで知識や経験が増えない仕事なんかあるか?
もしそんな仕事があるのであれば、バイトやパートを使うはずなんだよ。

つまり、正社員であればどんな職業であれ年齢制限を付けることができてしまう。

抜け道もあり罰則もない法律になっている。

しかしコンプライアンスやモラルが厳しくなってきた現在では「とは言っても、できるだけ年齢制限を付けずに募集しましょう」が現在の流れ。

そして「別に希望と違う年齢層の人が応募してきたら不採用にすればいいや」になっている。

だから応募資格があるだけで、受けても採用にはならん。

これが35歳を超えた転職事情。

もし、これを読んで「やっぱり転職やめようかな」と思う人は諦めてほしい。

しかし苦労しても転職したい、と思う人は「なぜ30代後半を過ぎると転職は厳しくなるのか?」を考えて対策を打つことをオススメする。

こんな人材は欲しくないと面接官が思う人物像

30歳後半になると仕事を教えるのも仕事のうち。

これを読んでる人も社員教育に携わってる人も多いと思う。

教える側として、どんな人材が厄介だと思いますか?

多くの人が上げる項目は

  • やる気がない。仕事への意識が低い。
  • 期待値に対して知識や経験が少なく教育に時間がかかる。
    周囲との人間関係が上手くできない。

の3つ。

そして一番やっかいなのが「周囲との人間関係が上手くできない人」
つまりはトラブルを起こす人。

こういう問題は教育ではなかなか解決できない。

そして35歳を過ぎると「周りと上手くできない人」とレッテルを貼られる。

年上に教育は・・・やっぱり気を使う

転職で会社が欲しい人材は即戦力。

しかし経験や知識が豊富な人が同業種へ転職したとしても「覚える事がない」という人はいない。

年齢が35歳だろうと40代だろうと新しく覚える事は必要。

転職すると会社によって色がまったく違う事が分かる。

各部署が取り扱う仕事の範囲や責任の範囲。

社内で使われるソフトやシステムや設備。

会社内にいるキーマンの存在。

仕事に対する考え方までも違う。

それらに対応するのには誰かに教わる必要がある。

教わる側としては、年上だろうが年下だろうが関係なく頭を下げることができるかもしれない。

しかし教える側は年上だとやりずらい。

日本は「年上には敬意は払う」という文化がある。
だから出会ったら最初の方に相手の年齢を聞く。

そして敬語があり年上には敬意を当たり前のように使う。
(一部、体育会系の会社は入社歴によって上下関係が作られる芸人のような世界がある。特に大手金融系とか)

「年上には敬意を」という文化は良い事に思えるが、年配者の転職においては足かせになっている。

面接官が考える職場の人と転職者のバランス

35歳を超えると主任や課長クラスになっても不思議ではない年齢。

そうなると採用する側は、現在の主任や課長の立場の人と、転職者のバランスについて考える。

今の主任より優秀そうであれば、ポジションチェンジするか?

例えば主任が32歳の場合、大卒であれば社歴は10年。
10年間も会社に貢献し続けている人を降格されるのはあり得ない。

では主任補佐みたいな役職を作り、そのポジションに35歳の転職者に付かせるのか?

それとも2人とも主任にするのか?

はたまた転職者はしばらくの間は平社員にするのか?

その場合、転職者を含め周の人が納得し、職場の人間関係は上手く回るのか?

そう考えると35歳以上の人を採用するのは、会社としてリスクがある。

35歳からの転職するためミッション【体験談】

自分が35歳で転職した時は「できるだけ多く実績と経験を伝える」ことが最重要だと思っていた。

それが35歳である自分を採用する理由だと思った。

だから職務経歴書に「○○の経験がある」「○○の実績がある」という事柄を列挙した。

その結果は不採用。

アピール不足か?と思い手を変え品を変え、アピールする方法を変えてみたが不採用。

何が悪いのか分からず困り果て、友人に職務経歴書を持参して相談しに行った。

そして友人からの言葉は「オレなら絶対に採用しない」と言われた。

理由は「知識があるだけに逆に教えづらい」「経験があるだけにプライドが高く周囲との人間関係が難しそう」「自慢にしか見えない」ということ。

良かれと思いたくさんの実績や経験をアピールした結果「扱いにくい人材」になったわけ。

自分で書いた職務経歴書や面接で伝えた内容を振り返ると「おっしゃる通り」としか返せなかった。

では、どうやって対策をしたのか?

それは自己PRをしすぎないこと。

PRしすぎないと言っても、自分の実績をあえて低くするのは違う。

自分の実績は隠すこと無く伝えた上で、そのプロセスは「周りの人の協力や支えがあったからこそです」という事を伝える。

当たり前の話だが、個人プレーが多い仕事でも会社に勤めている以上、周囲との連携で成り立っている。

営業のように個人の能力によって差がでやすい仕事でも「商品を考える人」「そのコストで抑えるように努力する人」「商品を管理する人」さまざまな人たちがいて成り立つ。

成果の裏にはプロセスがあり、プロセスの中にはチームプレイが多くある。

こういった風に職務経歴書の文章を変え、面接の言葉を変えた。

そうすることで周囲との人間関係は良好にできるんじゃね?と思われ採用される確率は上がった。

事実、内定率はだいぶ違ったよ。

簡単で言うとコミュニケーション能力のアピールになるのだろう。

しかしコミュニケーション能力はよく勘違いされ「伝える力」と「聞く力」にとらわれがち。

本当のコミュニケーション能力は、職場の人たちに対する尊敬と感謝の気持ち。

それだけあれば、例え伝える事が下手でも、人の話を理解することが苦手な人でも、コミュニケーション能力は高いと言える。

30代後半を過ぎて転職を考える人は実践して見て欲しい。

大切なのは実績や経験を伝えつつ、プロセスの中で

  • 職場で連携するための工夫
  • 課題解決するために職場の人たちにどうやって協力を求めたのか?
  • その結果の成果物
  • そして、コミュニケーションの重要性と感謝。

を伝えること。

コミュニケーションは目的じゃない。
何かを成すための手段なんだよね。

30代後半の人はぜひ実践して上手くアピールして欲しい。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

シェアする