転職する前に結婚するか?後にするか?タイミングと面接対応

今回は「転職と結婚」について。

しまった。
転職を考えていたが、彼女との雰囲気で結婚が近づいてきている。

果たして、転職前に結婚した方がスムーズだろか?
いやいや、転職後に足場を固めてから結婚した方が良いのかな?

こんな風に悩んでいる人は意外と多い。

その原因は結婚する年齢と転職したいと思う年齢って同時期になりやすい。

近頃は晩婚化が進んでいて、結婚のピークの年齢は30歳前後
(男性:30.7歳 女性:29.0歳)

それに対して転職も30歳前後がピークを向かえる。
(男性:32.7歳 女性:29.7歳)

まぁそう考えると時期かぶってしまうのも当たり前。

ここで生じる悩みが

転職する前に結婚すべきか?
転職した後に結婚をすべきなのか?

になる。

って事で「結婚にまつわる転職の不安」について書いて行くよ。

SPONSORED LINK

転職の直後に結婚の特別休暇ってもらえるのか?

会社によっては結婚すると新婚旅行用に特別休暇というのがある。

これって転職したばっかでもらえるのか?

これは経験上だから絶対とは言えないが、どこの就業規則見ても「入社直後は特別休暇ダメ!」というのを見たことがない。

まぁ、当然と当然なのだが、中には高卒直後の18歳で結婚する人もいる。

大学卒業後、すぐに結婚する人もいる。

その人達には特別休暇を与えるわけ。

じゃ、転職者だから差別して「お前らにはやんね!」って出来ないよね。

だから、ほぼほぼ休暇は取れると思って良い。

けどこれはあくまで会社の規定上の話。

転職直後、多くの会社に試用期間というのがある。
短いところで1ヶ月。
長い会社だと3ヶ月ぐらい。

そして試用期間を抜けると、即実践が始まる。
というか、普通の会社はは試用期間中でも実践になる。

同職種へ転職したとしても、会社が違うと勝手が違う。

覚えることだらけ。
先輩方々から教わり、必死に付いていく時期。

その期間に「あのー、結婚するんで休暇を」って言える?
覚えたばかりの事、1週間ぐらい休んだら頭から抜けない?

言っちゃいけない事はないが「空気を読んだら普通は言えない」って思うのはオレだけだろうか?

言えたら有給を使えない会社なんて、この世からなくなるはずなんだよねぇ。

育児休暇は更にハードルが高い

女性で深刻な問題なのが、結婚後にそう遠くないと思われる出産による休暇。

つまり育休。

最近では育児休暇を取る人は、珍しくなくなった。

よくテレビでは「育児休暇を取ると出世にも響く」と言われているが、転職の方がとても深刻。

育児休暇を取る人って何年も勤めている人以外に見た事ない。

新婚旅行でさえ言いづらいのに、「数ヶ月いなくなります」とは言えないよね。
次の職場が忙しければ忙しいほど言えない。

昔は子供は授かりものって感覚があった。

けど避妊道具が発達した現代では、子供さえも自己管理だと言われる時代。

「転職してすぐに育休?だめだよ」と口に出す人は少ないものの、腹の中までは読む事はできない。

入社しないと残業量も分からん問題

転職の不安。

それは入社しないとライフワークバランスがどうなるか読めないこと。

会社全体の残業は30時間ぐらいでも、配属される部署によっては100時間を超える会社もある。

そういう会社はいくら求人を見ても気付けない。

個人的には月の残業は80時間を超えると人らしく生活できなくなると思う。
それ以上は睡眠を削らないとプラベートがなくなる。

そこに更に家庭の負荷がかかる。
奥さんばかりに家庭を任せるのは「良いのだろうか?」と悩む。

奥さんのお腹が大きくなるだったらなおさら。

そもそも論。仕事が続けられるのか?付いていけるか?

内定は出たものの「本当に会社に付いていけるか?」という不安もある。

会社のレベルや部署ごとの守備範囲は、会社によって違う。

「え?そんな事までやるの?」というのは、転職した当初は日常的に起こるもの。

それと一番、推測できないのは人間関係。

例え定時で帰れても、給料が良くても、転職先の嫌な奴が一人身近にいたら、その会社はあなたにとって嫌な会社に変わるもの。

これを入社前に知ることは不可能だよ。

そうすると「半年後、1年後に辞めたいと思う事はないだろうか?」と不安になる。

もしかすると奥さんは、事情を話せば理解してもらえるかもしれん。

けど、奥さんの親御さんは?
奥さんの兄弟は?親戚は?

独身者と違い、結婚まもない人はハードルが山のように増える。

結婚とは転職への不安を増加させるが

転職には色んな不安があるが、その不安が的中するかは分からない。

ではどうすれば良いのか?

それは自分に問うしかない。

「転職して仕事が大変になった時に、パートナーに当たったり、子供に悪影響を与えないだろうか?」

「例え理解し分かり合えなくても当然だ」

って思えるか?

パートナーとは言えど元は他人だし、仕事内容も育った環境も違う相手。
いや、例え血が繋がっていても、理解してもらえないのが普通だよね。

それでも理解しようと思う気持ちが持てるのか?

その気持ちを尊重と言うだよね。

簡単じゃないだけどね。
簡単じゃないから尊い。

それを分からず転職に突き進むと、くだらない仕事のせいで、二人の関係は良くない方向に向かう。

愛する家族のため、まずは足場を固めろ

仕事とは、たかが仕事である。

仕事は人生じゃないし、仕事以上に大切にすべきものはたくさんある。

けど、睡眠時間を除くと、人生の半分ぐらいは仕事なのも事実。
もっと言うと学校で勉強した事も運動も集団行動も、仕事をするためなのだろう。

何より飯を食うためには仕事するしかない。
飯を食わないと生きていけない。

だから仕事も大切なんだよね。

自分だけなら最悪ホームレスも仕方がないかもしれん。
しかし家族を持ったら話は別だ。

パートナーに対しても子供に対しても責任が生まれる。

その為にはまず自分が立つこと。
自分が立たないと家族は支えることはできない。

だったら優先すべきことは「自分が自立し足場を固めること」、だとは思いませんか?

もちろん相手との関係や状況によっても変わるだろうけど、自分に選択権があるならまず自立。

その方が家庭も上手く行くと思うんだよね。

転職したいから結婚はちょい待ってくれ!と言われている人へ

これを読んでくれている人の中で「転職したい。だから結婚は待ってくれ」と言われている人もいるだろう。

勘ぐる気持ちもあると思う。
理解できない気持ちもあると思う。

けど、それは先の事を真剣に考えているかのかもしれない。
あなたのパートナーの事を知らんから責任は持てないが、それがその人なりの愛のカタチかもよ。

転職の面接で結婚話をするのか否か

結婚の話を転職の面接で伝えるのか?について。

これは男性と女性で対応が異なる。

男性は結婚を話を出した方が有利です。
特に転職回数が多い人は。

理由は、会社にとって一番イヤな事は、採用したのに入社してすぐ退職されること。

結婚の話をすることによって「家庭を持つ=責任感が生まれる=簡単に辞めないだろう」という方程式が成立する。

だから「転職を機に結婚を考えています」と言った方が有利に働く。

女性は残念ながら真逆です。
「結婚=出産、仕事に穴が開く、旦那の都合で転勤」など会社にとってはマイナスイメージが強い。

だから結婚の話は濁すべき。

というのもオレが面接官をしていた時に女性に対しては「結婚の話は聞け」と言われいたのよ。

理由はもちろん入社後に仕事に穴を開けられたくないから。

だから「結婚?付き合っている人はいますが、まだ具体的な話はないですね」程度に濁した方がいいよ。

え?本当に良い人がいて、入社後にプロポーズされたらどうするか?って?

それは「結婚しなさい」だよ(笑)

え?周りの人に迷惑が掛かるって?

仕事の事は仕事で返すしかない。
そういう気持ちで復帰をお待ちしております。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

シェアする