法人営業の魅力は年齢に関係なく転職できること

転職には適齢期というのがある。

どんなに仕事が出来る優秀な人でも、ある年齢になると転職が厳しくなってしまう。

転職の適齢期は一般的に35才ぐらいと言われている。

自分自身は今の会社には34才で転職したから、やはり35才までは「転職出来る年齢」と言えるだろう。
35歳を過ぎた転職はまだ経験がないので、肌感覚で厳しさを知らない。

そんな中、転職適齢期をガン無視出来る職種がある。

それは法人営業と呼ばれている職業。
法人営業とは会社同士で契約や取引を行う仕事。

15年以上サラリーマンをやっているが、40歳を過ぎて転職してきた人は営業のみ。
(大手企業からの天下りの人はいるけど)

営業職では40歳オーバーで転職で入社した人を4〜5人見てきた。
逆に言うと20代前半で法人営業に転職してきた人は見たことがない。

営業、特に法人営業というのは、他の職種と違う魅力がある。

今回は営業職を視野に入れて転職を考えている人向け。

自分自身が「若い時に知っておけばよかった・・・」って思うことを書いていくよ。

SPONSORED LINK

なぜ?40代で転職してきた営業のおじさん【経験談】

10年ぐらい前の話。

その時に勤めていた会社は中小企業で、ものづくり系の仕事。

その会社はちょっと変わっていて新卒をあまり採用しない。

20代半ばから30代前半を中心に転職者を多く採用していた会社だった。
たぶん半分ぐらいは転職者だったかなぁ。

そんな会社に40代半ばの人が転職してきた。
転職者が多い会社でも40代半ばの人は珍しい。

部署は営業部(法人)。

しかも配属されて早々に営業部の課長になった。

初めはコネか天下り入社だと思っていたんだ。

それから半年後。

その40代の営業は、今まで一度も取引したことのない大手企業と口座を開いた。

営業やその関連の仕事をしている人は分かると思うが、大手企業と「口座を開く」のはハードルが高い。

営業関連ではない人は「口座を開くって、銀行口座を作ってやり取りするだけでしょ?」と思うかもしれないが、そうじゃないんだ。

口座を開くためには「この会社は信用でき、末永く付き合える会社か?」という審査を潜り抜けなければならない。

逆に口座を開いたということは「信用があり長く付き合いたい会社」だと認められたことになる。

口座を開くということは取り引きが前提で話が進む。

もし倒産しそうな会社と取引を続けたら、いつ入庫がストップしてもおかしくない。

お金が未払いになる可能性もある。

だから大手企業になるほど、審査をしっかり行って信用できる会社か?を見極めようとする。

まぁ、簡単に言えばリスクを背負いたくないってこと。

口座を開くためには会社の財政状況も重要な要素なんだけど、それだけで取り引きが始まれば苦労はない。

会社同士の契約と言っても、結局は人同士の付き合いであり、人が信用されないと始まらない。

その40代営業マンは、それから1年で3社も立て続けに大手企業と口座を開いた。

営業は実力主義だと思い知らされた日

どうやって大手企業と口座を開くまで行ったのか?

それは前職の「人脈」をフル活用した。

話を聞くと取り引きが始まった企業とは、前職でも付き合いがあった会社。

つまりその人は大手企業の人とパイプを持ち、信用されていたってこと。

いくら大手企業で組織、組織と言っても判断するのは人。
人が信用するのは会社でも組織でもなく人。
会社は人じゃないから感情なんてないんだよね。

「営業は物を売らずに人(自分)を売れ」という言葉があるけど、自分を売り続けた結果だなぁって感じたよ。

40代半ばの営業マンが面接で言ったこと

転職してきた40代の営業の人とは仕事で接する機会が多く、気になったから聞いてみたんだ。

「40代で転職って狭き門ですよね。面接でどうやって口説いたですか?」って。

そしたら
「決まってんじゃん。私を採用すると今までの人脈でA社、B社、C社と取引させてみせます」だけだよ。

案の定の回答。
けどとても魅力的な殺し文句。

おれが社長なら喉から手が出るほど欲しい人材。
どんなに技術力をもった人より、東大卒より、学者みたいな知識を持った人より有益な人材だよ。

転職では「今までの経験を活かして御社に貢献していきたい」という言葉が頻繁に使われる。

けどあるとき「貢献って具体的なに?」って自分で書いていて思ったのよ。

キレイな言葉で、ぼやけた目標を掲げて、結局何も伝えていない。

誰でも言える意味のない言葉なんだ。

誰でも言える言葉でアピールになるはずがない。

転職してきた営業の人に言わせると「ちゃんちゃらおかしい」言葉なのだろう。

具体的な会社名をあげて「口座を開く」と伝える。交渉ごとだから本当はフタを開けないと分からないが、それだけの苦労を買う、と宣言することが効果的にアピールする方法だと知っている。

いきなりの課長待遇も頷ける。

法人営業の魅力は色あせない市場価値

35歳を過ぎると、なぜ転職が難しいのか?それは市場価値が低くなるから。

良きも悪きも日本の会社は年功序列の会社がほとんど。

歳が増えると給料が上がる仕組み。

これが転職しようとする人の妨げになっている。

年齢で増える給料以上の魅力がないと転職は厳しくなる。

ほとんどの職業がこの道を歩く。

けど、法人営業の場合は歳を取ると信用が増やすことができ、人脈が増えてると市場価値が高くなるんだ。

20年以上勤めても、その大手企業と取引の「と」の字もできなかった営業マン達をごぼう抜きできるだから。

それに加えて営業職は「自分を売るすべを知っている」のも転職に有利になる要因。

具体的な会社名をあげて「口座を開く」と伝える。交渉ごとだから本当はフタを開けないと分からないが、それだけの苦労を買う、と宣言することが効果的にアピールする方法だと知っている

法人営業を無理にオススメするつもりはないけど、歳を取っても市場価値があるというのは、間違いない魅力の職業だよ。

楽しい仕事でも飯が食えなきゃ意味がない

仕事って出来れば楽しい仕事を選びたい。
自分に合った仕事を選びたい。

けど、飯が食えなかったら意味がないんだよ。

身近な人でもいるけど、ワーストケースは転職も知らず、同じ職業に勤めて50歳ぐらいでリストラになるパターン。
もしくは倒産。

一度も転職した経験がない人は、自分をどう売り込むのかを知らない人が多い。
そもそも「転職は自分を売り込む作業」だと気付けない人もいる。

人って「やり方が分からない」というは不安でしかないんだ。

そのリスク管理という意味でも、転職を経験するのは大切な事だなぁって思うわけ。
(ただし、転職は冷静に慎重にね)

もし自分が20歳に戻れて、職業を選択できるのであれば「法人営業」は悪くないよ。
転職で職種に迷っている人は「その職種は10年、20年後に市場価値があるのか」を考えてみてね。

後悔しない転職のために。

おさらい

  • 転職は年齢が高くなると市場価値が下がるが、法人営業は逆に上がるケースもある
  • 歳を取りリストラにあったときに、初めてその人の価値が見える
  • 自分を売り続けた営業マンにとって転職はいつもの作業。
SPONSORED LINK

シェアする