転職を考えた時の最初の作業は環境作り

転職する人っていろんな理由や事情があると思う。

「やめなきゃいけない環境に追い込まれた人」や「今の会社に怒りの感情がある」人はほっといても頑張れる。
けど「どうしよう・・・」って悩んでいる人もいると思うんだ。

こういう人はインターネットで求人ページを見ているだけって人も多い。

試しに履歴書を送ってみようと思っても、なかなか身に入らない。

実はおれも似たような経験があるんだ。

家ってテレビやネットやゲームやら誘惑が多い。

奥さんや子供がいたらもっと大変だよ。

家で集中しよとしても、奥さんに家事を頼まれる。

子供が泣いたり遊んでって来たり。

そんな状況でいたら「今日は、やらなくてもいいか」が連続する。

こんなことではダメだって思って、おれがやった方法はインターネットカフェに篭(こ)もること。

SPONSORED LINK

ステップ1 まずは奥さん(家族)を説得しよう

インターネットカフェに通うにしても、奥さんや家族がいる人は理解してもらうのが絶対条件。

まず、この壁を超えないと転職の壁はびくともしないよ。

カッコ悪いことかもしれないが、現在の仕事の状況とやりたい事をちゃんと伝える必要がある。

合わせて、家族のことや奥さんとの今後のことも、考えていることも真剣に伝えよう。

奥さんは自分が選んだ人。

弱音を吐くことが情けないと思わずに、悩みや想いを言えば伝わるはずだよ。(はず)

インターネットカファに通う。そして篭もる。

その時の仕事はだいたい8時~22時が仕事の時間。(今もそうだけど)

2時30分から勝負の時間と決めて、インタネットカフェに到着。

そこから24時か25時まで、求人探したり・書類を作ったりしていた。

志望の動機や自己PR、職務経歴書も一社一社書き直してたから、それぐらい時間がかかった。

インターネットカフェは、だいたいヘッドフォンのレンタルしてくれるだけど、絶対に借りない。
(やっぱり誘惑に負けちゃうから)

それと個室のドアをちょっと開けておくこと。

開けておくと人が通る度にやっぱりチラッと覗(のぞ)かれる。

人に見られると緊張感が出るんだ。

間違っても男の誘惑には負けないしね(笑)。

インターネットに金を落とし続けろ

インターネットカフェで1回行くと、だいたい1000円程度払うことになる。

やっぱり痛いよ。

おれの場合は平日に2~3回。休日に1回ぐらい通った。

1週間に3000~4000円は失うことになる。

ただ、これが重要なんだ。

インターネットカフェでちょっとだけ休憩と思って1時間も漫画を読んだこともあった・・・。

ただ、支払いのときに後悔の嵐。

つまりは金でやる気を買う。

これを有益な投資と思えるかどうか?

パチンコや飲み屋にお金を落とすのであれば、よっぽど有益だ!と思えるか?

これが転職成功の鍵になる。

たとえ1周間で4000円、1ヶ月で16000円を失ったとしても、自分が目指すべき会社に入れるなら安い投資だよ。

おれが実際に転職活動するときに行った方法。

誘惑に負けるタイプの人にはオススメだよ。

まとめ

  • 転職を考えるなら初めの作業は転職準備は環境づくりに集中。
  • 自分で誘惑に負けない・集中力が出る環境作りを考えよう。
  • 金を自分への投資と思って、ベストな環境が作れるなら安い買い物。

SPONSORED LINK

シェアする